マネーポストWEB「マネーポスト」公式サイト

FiscoNews

【注目トピックス 市況・概況】11日の米国市場ダイジェスト:NYダウは219ドル安、米中貿易摩擦の更なる悪化を嫌気

2018年7月12日 7:38

■NY株式:NYダウは219ドル安、米中貿易摩擦の更なる悪化を嫌気

米国株式相場は下落。ダウ平均は219.21ドル安の24700.45、ナスダックは42.59ポイント安の7716.61で取引を終了した。昨日、トランプ政権が新たに2000億ドル相当の中国製品に10%の追加関税を課す計画を発表してアジア・欧州株がほぼ全面安となり、米国株にも売りが先行。米中貿易摩擦の激化により、半導体機器への影響が懸念されたほか、原油相場の下落が嫌気され、終日軟調推移となった。セクター別では、公益事業やソフトウェア・サービスが上昇する一方で半導体・半導体製造装置や自動車・自動車部品が下落した。

原油相場の下落で、エネルギー会社のチェサピーク・エナジー(CHK)や深海油田開発のトランスオーシャン(RIG)などエネルギー銘柄が軟調推移。メディアの21世紀フォックス(FOX)は、ニュース専門放送局のスカイ・ニュースへの買収提示額を引き上げ、財務負担への懸念から下落。投資会社のアルタバ(AABA)は、同社株の公開買い付け及び、ソフトバンクへのヤフー・ジャパン株への譲渡が課税対象になるとして、一部アナリストによる投資判断引き下げを受け軟調推移。航空大手のアメリカン航空(AAL)は、4-6月期の業績見通しを引き下げ下落した。

石油輸出国機構(OPEC)は、非加盟国の生産量が2019年に5年ぶりの増加に転じるとの見通しを示した。今回の発表は、加盟国間での協調減産を巡る動きに影響を与えそうだ。

Horiko Capital Management LLC

■NY為替:追加関税の報復措置を嫌気しドル売り・円買い

11日のニューヨーク外為市場でドル・円は、110円98銭へ下落後、112円17銭まで上昇し、111円99銭で引けた。米国が計画している2000億ドル相当の中国輸入品に対する追加関税への報復措置として、中国がM&Aの承認を遅らせるなど関税以外の措置を検討しているとの報道を嫌気し、いったんドル売り・円買い強まった。その後、米国の6月生産者物価指数(PPI)が6年半ぶりの高水準に達し、利上げペースが加速するとの思惑にドル買いが再燃した。

ユーロ・ドルは、1.1758ドルから1.1666ドルまで下落し1.1676ドルで引けた。欧州中央銀行(ECB)メンバーの中で、利上げの時期のガイダンスに関し、解釈が分かれていると報じられ、一部メンバーが早くて2019年7月の利上げを予想していることが明らかになると、一時ユーロ買いが強まった。しかし、戻り高値からは、欧米金利差の拡大観測を受けたユーロ売り・ドル買いに拍車がかかった。ユーロ・円は、130円16銭から130円96銭まで上昇。ポンド・ドルは、1.3274ドルから1.3200ドルまで下落した。ドル・スイスは、0.9905フランから0.9966フランまで上昇した。

■NY原油:大幅反落で70.38ドル、米中貿易摩擦深刻化を警戒して売り強まる

NY原油先物8月限は大幅反落(NYMEX原油8月限終値:70.38 ↓3.73)。ニューヨーク商業取引所(NYMEX)のWTI先物8月限は前日比−3.73ドルの70.38ドルで通常取引を終えた。時間外取引を含めて一時70.02ドルまで売られた。米原油在庫は前週比-1263.3万バレル(予想:-378.8万バレル)と大幅な減少を記録したが、6月米生産者物価指数は前年比+3.4%、同コア指数は前年比+2.8%でいずれも市場予想を上回ったことから、米利上げペース加速の思惑が広がった。また、米中貿易摩擦の深刻化が世界経済の成長に悪影響をもたらし、需要が抑制されるとの懸念が高まったことも売り材料となった。

■主要米国企業の終値

銘柄名⇒終値⇒前日比(騰落率)

バンクオブアメリカ(BAC)  28.68ドル   -0.15ドル(-0.52%)
モルガン・スタンレー(MS) 47.75ドル   -0.35ドル(-0.73%)
ゴールドマン・サックス(GS)225.66ドル  -1.19ドル(-0.52%)
インテル(INTC)        51.20ドル   -0.96ドル(-1.84%)
アップル(AAPL)        187.88ドル  -2.47ドル(-1.30%)
アルファベット(GOOG)    1153.90ドル +1.06ドル(+0.09%)
フェイスブック(FB)     202.54ドル  -1.00ドル(-0.49%)
キャタピラー(CAT)      136.76ドル  -4.49ドル(-3.18%)
アルコア(AA)         48.06ドル   +0.17ドル(+0.35%)
ウォルマート(WMT)      86.53ドル   -0.68ドル(-0.78%)
スプリント(S)         5.50ドル   -0.13ドル(-2.31%)

<HT>

fisco

不動産売却の完全マニュアル

【2018年版】不動産一括査定20サイトを徹底比較!
【2018年版】不動産一括査定20サイトを徹底比較!
【無料】満足度90%超!ソニーグループの不動産売却サービス
【無料】満足度90%超!ソニーグループの不動産売却サービス

初心者向け「FX」「株」の記事まとめ

ポイント投資サービスが続々登場 厳選5社を比較・解説
金利7.75%メキシコペソをトルコリラなど他高金利通貨と比較
“ほったらかしFX”の元祖「トラリピ」を徹底解説 トレーダーへの取材で魅力を再発見
ロボアドバイザー投資 超基礎編 特徴や代表的な会社を紹介
  • ポイントで投資できるクレジットカードを紹介!
  • 金利7%超のメキシコペソはブームになるか 特徴と取扱FX会社を紹介
  • 当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

    当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

    小学館雑誌定期購読小学館のプライバシーステートメント問い合わせ広告掲載について

    © Shogakukan Inc. 2018 . All rights reserved. No reproduction or republication without written permission. 掲載の記事・写真・イラスト等のすべてのコンテンツの無断複写・転載を禁じます。