マネーポストWEB「マネーポスト」公式サイト

FiscoNews

【注目トピックス 経済総合】インバウンド関連銘柄が軟調な動き、SMBC日興証券(花田浩菜)

2018年7月12日 11:34

こんにちは、フィスコリサーチレポーター花田浩菜の「SMBC日興証券の気になるレポート」です。

7/12付の「DailyOutlook」では、インバウンド関連銘柄について考察しているのでご紹介します。

まず同レポートでは、『インバウンド関連銘柄が足元で軟調に推移している。株価下落のもっともらしい理由として、(1)大阪府北部地震を受けた訪日客減少リスク、(2)人民元安で中国からの訪日客の購入減リスク、が挙げられる』と伝えています。

続けて、(1)については訪日客の約3分の2は中国、韓国、台湾からで、いずれも日本同様にしばしば地震が発生する国であることを挙げ、『これら3ヵ国からの旅行者の地震を理由にした訪日キャンセルは限定的となろう。(2)については、今年高値からの人民元の対円下落率は約5%に留まり影響は軽微と考える。ドル円を例に取れば、1ドル105円から110円に円安になることで日本人がハワイ旅行をキャンセルしたり、(せっかくの海外旅行で)為替変動で目減りした分だけ買い物を減らす人はさほど多くなかろう』と分析しています。

さらに、『個人投資家であれ機関投資家であれ、含み損の大きい銘柄を売却する場合、損失を補うために含み益のある銘柄を同時に売る投資行動はしばしば見受けられる。足元の米中貿易問題による株価下落で市場がリスクオフ状態になり、こうしたインバウンド関連銘柄が“合わせ切り”の憂き目にあったことは珍しいことではない。毎月発表される訪日外客数などのデータでインバウンド増加のトレンドに変化がないことが確認されれば、関連銘柄には見直し買いが入ることになろう』とまとめています。

最後にレポートでは、『インバウンド指数』の推移をグラフにして紹介しています。詳しくは7/12付の「DailyOutlook」をご覧になってみてください。

また、面白いレポートを発見したらご紹介しますね。

花田浩菜の「気になるレポート」は各種レポートを花田浩菜の見解で注目し、コメントしています。レポート発行人との見解とは異なる場合があります。詳細は発行人のレポートを御確認くださいませ。

フィスコリサーチレポーター花田浩菜

<ST>

fisco

不動産売却の完全マニュアル

【2018年版】不動産一括査定20サイトを徹底比較!
【2018年版】不動産一括査定20サイトを徹底比較!
【無料】全国1,600社以上・最大10社に一括査定できる不動産売却サービス
【無料】全国1,600社以上・最大10社に一括査定できる不動産売却サービス

初心者向け「FX」「株」の記事まとめ

投資のプロは「今こそ仕込みの好機」 日本の景気上昇確率は95.9%か
トルコリラの分岐点? 24日の金融会合をトルコ人アナリストが解説
30代会社員 取引を任せる自動売買FXで3か月に約20万円を稼ぐ

カードローンQ&A

  • 即日融資とは?即日融資は本当に即日に融資をしてもらえるの?
  • 金利7%超のメキシコペソはブームになるか 特徴と取扱FX会社を紹介
  • 当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

    当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

    小学館雑誌定期購読小学館のプライバシーステートメント問い合わせ広告掲載について

    © Shogakukan Inc. 2018 . All rights reserved. No reproduction or republication without written permission. 掲載の記事・写真・イラスト等のすべてのコンテンツの無断複写・転載を禁じます。