マネーポストWEB「マネーポスト」公式サイト

FiscoNews

【ビットコインニュース】EU、5回目となるマネーロンダリング対策指令を施行【フィスコ・ビットコインニュース】

2018年7月12日 16:48

マネーロンダリング(資金洗浄)やテロ資金調達を防ぐための新しい仮想通貨規制として、欧州連合(EU)において5回目となるマネーロンダリング対策指令(AML)が7月9日に施行されたことが、コインテレグラフ・ドイツ版の報道により明らかとなった。

同報道によると、新指令ではマネーロンダリングやテロ資金調達を目的とした「仮想通貨取引所プラットフォームの使用」や「プリペイドカードによる匿名の支払い」を防ぎ、取引の透明性を向上させるための厳しい規則を制定するという。

匿名性のリスクを防ぐために、仮想通貨の送受信の際に利用する「アドレス」と、仮想通貨保有者のIDとを関連付ける情報を規制当局が入手可能となるためのシステム作り、また、自発的に仮想通貨保有者が当局に申告を行うシステム作りの検討がなされるべきとされている。

EU加盟国はそれぞれ、18カ月以内にこの指令を各国の法令に導入する必要がある。

欧州委員会は、デジタル通貨の違法使用について監視ができるよう、欧州中央銀行やFIU(疑いのある取引の情報を受理・分析、捜査当局への提供を行う政府機関)などの関係当局との協力や情報交換を進めていくとしている。また、新指令では、ごく少数のユーザー間でのみ使用される「ローカル通貨」は、仮想通貨の中から除外されるとみられる。

3月に開催された欧州議会では、仮想通貨に対してより厳格な規制を課し、これらの通貨を「第2次金融商品市場指令(MiFID2)」の適用対象とすべきとの意見も出ていた。この指令は、取引の透明性や投資家保護を強化する観点から策定された制度である。仮想通貨の悪用を取り締まり、投資家保護が加速することはむしろ仮想通貨の推進に繋がるとの見方もあるようだ。

EUにおいて今後こうした取り組みが進む中で、個人の保有量や取引履歴などのプライバシーを保つことに重点をおいたダッシュ(DASH)やモネロ(XMR)、ジーキャッシュ(ZCH)など匿名性の高い仮想通貨がどのような扱いを受けることになるかが注目される。

<HH>

fisco

不動産売却の完全マニュアル

【2018年版】不動産一括査定20サイトを徹底比較!
【2018年版】不動産一括査定20サイトを徹底比較!
【無料】満足度90%超!ソニーグループの不動産売却サービス
【無料】満足度90%超!ソニーグループの不動産売却サービス

初心者向け「FX」「株」の記事まとめ

ポイント投資サービスが続々登場 厳選5社を比較・解説
金利7.75%メキシコペソをトルコリラなど他高金利通貨と比較
“ほったらかしFX”の元祖「トラリピ」を徹底解説 トレーダーへの取材で魅力を再発見
ロボアドバイザー投資 超基礎編 特徴や代表的な会社を紹介
  • ポイントで投資できるクレジットカードを紹介!
  • 金利7%超のメキシコペソはブームになるか 特徴と取扱FX会社を紹介
  • 当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

    当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

    小学館雑誌定期購読小学館のプライバシーステートメント問い合わせ広告掲載について

    © Shogakukan Inc. 2018 . All rights reserved. No reproduction or republication without written permission. 掲載の記事・写真・イラスト等のすべてのコンテンツの無断複写・転載を禁じます。