マネーポストWEB「マネーポスト」公式サイト

FiscoNews

【注目トピックス 日本株】日経平均寄与度ランキング(大引け)~ 日経平均は大幅反発、ファーストリテが決算控え上げ幅拡大

2018年7月12日 16:32

12日大引け時点の日経平均構成銘柄の騰落数は、値上がり117銘柄、値下がり103銘柄、変わらず5銘柄となった。

日経平均は大幅反発。11日の米国市場では、トランプ政権が新たに2000億ドル相当の中国製品に10%の追加関税を課す計画を発表して欧州株がほぼ全面安となり、米国株にも売りが先行。また、原油相場の下落も嫌気されたことからその後も軟調な推移となった。一方、シカゴ日経225先物清算値は大阪比90円高の22000円となり、為替相場も1ドル=112円20銭と前日から円安方向に振れて推移するなかで、本日の日経平均は225先物にサヤ寄せする格好から輸出関連株中心に買い先行となった。また、堅調なスタートとなった中国をはじめとするアジア市場が上げ幅を拡大したことも支援材料になり、売り方の買い戻しが活発化、日経平均は前場中ごろから一段高となった。上げ幅は一時300円を超え、前日に空けたマド上限(22196円)を一時的に埋める動きもみられた。

大引けの日経平均は前日比255.75円高の22187.96円。東証1部の売買高は11億9258万株、売買代金は2兆3081億円だった。業種別では、水産農林、情報通信、医薬品が上昇。

値上がり寄与トップはファーストリテ<9983>、同2位はソフトバンクG<9984>で2銘柄で日経平均を約130円押し上げた。引け後に18年8月期第3四半期決算の発表を控えるファーストリテが引けにかけて上げ幅を拡大した。日経平均構成銘柄の上昇率トップはエーザイ<4523>で8.01%高、同2位はソフトバンクGで6.40%高となった。

一方、値下がり寄与トップは東エレク<8035>、同2位はTDK<6762>で2銘柄で日経平均を約11円押し下げた。米中貿易戦争懸念から前日の米国市場では半導体株が売られ、国内でも半導体関連の一角で軟調な動きが目立った。日経平均構成銘柄の下落率トップは大平洋金属<5541>で3.94%安、同2位は千代化建<6366>で3.68%安となった。

*15:00現在

日経平均株価  22187.96(+255.75)

値上がり銘柄数 117(寄与度+300.59)
値下がり銘柄数 103(寄与度-44.83)
変わらず銘柄数  5

○値上がり上位銘柄
コード  銘柄         直近価格  前日比 寄与度
<9983> ファーストリテ    49230   1810 +67.16
<9984> ソフトバンクG     9376    564 +62.78
<4523> エーザイ        10760    798 +29.61
<4543> テルモ          6290    210 +15.58
<8028> ユニファミマ     11340    310 +11.50
<9433> KDDI           3139     43 +9.57
<6954> ファナック       21645    190 +7.05
<2801> キッコーマン      5290    180 +6.68
<4911> 資生堂          8592    169 +6.27
<9613> NTTデータ        1270     27 +5.01
<2502> アサヒ          5591    127 +4.71
<4506> 大日住薬         2466    106 +3.93
<7203> トヨタ          7234    102 +3.78
<4578> 大塚HD          4975    100 +3.71
<6098> リクルートHD      2978   27.5 +3.06
<7269> スズキ          6250     73 +2.71
<4503> アステラス薬      1763   14.5 +2.69
<4021> 日産化          5110     70 +2.60
<6988> 日東電          7941     69 +2.56
<6902> デンソー         5344     64 +2.37

○値下がり上位銘柄
コード  銘柄         直近価格  前日比 寄与度
<8035> 東エレク        18465   -240 -8.91
<6762> TDK           11610    -60 -2.23
<7951> ヤマハ          5250    -60 -2.23
<8058> 三菱商          3091    -48 -1.78
<1963> 日揮           2009    -47 -1.74
<5713> 住友鉱          4024    -84 -1.56
<4324> 電通           4960    -40 -1.48
<7735> スクリン         7710   -180 -1.34
<6366> 千代建           891    -34 -1.26
<7751> キヤノン         3505    -21 -1.17
<5020> JXTGHD         765.4   -28.7 -1.06
<6367> ダイキン        12685    -25 -0.93
<7731> ニコン          1758    -25 -0.93
<6724> エプソン         1903    -11 -0.82
<2531> 宝HD           1313    -22 -0.82
<1801> 大成建          6070   -100 -0.74
<8053> 住友商          1821   -16.5 -0.61
<8001> 伊藤忠          1940   -15.5 -0.58
<5214> 日電硝          3115    -50 -0.56
<2914> JT             2964   -14.5 -0.54

<AK>

fisco

不動産売却の完全マニュアル

【2018年版】不動産一括査定20サイトを徹底比較!
【2018年版】不動産一括査定20サイトを徹底比較!
【無料】満足度90%超!ソニーグループの不動産売却サービス
【無料】満足度90%超!ソニーグループの不動産売却サービス

初心者向け「FX」「株」の記事まとめ

ポイント投資サービスが続々登場 厳選5社を比較・解説
金利7.75%メキシコペソをトルコリラなど他高金利通貨と比較
“ほったらかしFX”の元祖「トラリピ」を徹底解説 トレーダーへの取材で魅力を再発見
ロボアドバイザー投資 超基礎編 特徴や代表的な会社を紹介
  • ポイントで投資できるクレジットカードを紹介!
  • 金利7%超のメキシコペソはブームになるか 特徴と取扱FX会社を紹介
  • 当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

    当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

    小学館雑誌定期購読小学館のプライバシーステートメント問い合わせ広告掲載について

    © Shogakukan Inc. 2018 . All rights reserved. No reproduction or republication without written permission. 掲載の記事・写真・イラスト等のすべてのコンテンツの無断複写・転載を禁じます。