マネーポストWEB「マネーポスト」公式サイト

FiscoNews

【オープニングコメント】ファーストリテがけん引する展開に

2018年7月13日 8:57

 13日の日本株市場は、日経平均の25日線レベルでの底堅さが意識されそうである。12日の米国市場は、NYダウが220ドル超の上昇となった。トランプ政権による中国通信機器大手の中興通訊(ZTE)への制裁解除を受けて、米中貿易摩擦への警戒感が後退。4-6月期決算発表への期待から、終日堅調推移となっている。シカゴ日経225先物清算値は大阪比115円高の22325円。円相場は1ドル112円50銭台と円安に振れて推移している。

 シカゴ先物にサヤ寄せする格好から、同水準に位置する25日線レベルでの攻防が意識されるが、週末要因から商いは膨らみづらく、SQ値なども心理的な抵抗として意識される可能性はあるだろう。また、昨日の売買高は11億株台にとどまっており、米国株高を材料視しつつも、積極的な上値追いは限られそうだ。

 もっとも、円相場の円安基調が安心感につながっており、ディフェンシブ系から景気敏感株へのリバランスが意識されるため、日経平均の底堅さにつながる可能性はある。また、ナスダック指数は最高値を更新している。リスク回避の流れから米中貿易摩擦の影響を受けにくいであろうネット関連等に資金がシフトしており、この流れが波及する可能性はありそうだ。

 また、ファーストリテ<9983>の第3四半期決算は、営業利益が前年同期比32.3%増の2388億円だった。通期計画(2250億円)を超過達成しているほか、コンセンサス(約2300億円)に対しても上振れている。通期計画は据え置かれているが、夏物衣料への期待等も高まりやすく、リバウンド基調が強まる展開が意識されそうだ。指数インパクトの大きいファーストリテが日経平均を下支えするなか、前日に日経平均をけん引していたソフトバンクG<9984>の動向も引き続き注目。また、弱い値動きが続いていた安川電<6506>も決算発表を受けた反転が意識される。

<AK>

fisco

不動産売却の完全マニュアル

【2018年版】不動産一括査定20サイトを徹底比較!
【2018年版】不動産一括査定20サイトを徹底比較!
【無料】全国1,600社以上・最大10社に一括査定できる不動産売却サービス
【無料】全国1,600社以上・最大10社に一括査定できる不動産売却サービス

初心者向け「FX」「株」の記事まとめ

投資のプロは「今こそ仕込みの好機」 日本の景気上昇確率は95.9%か
トルコ人エコノミストが解説 トルコリラ安の原因と今後の動向
30代会社員 取引を任せる自動売買FXで3か月に約20万円を稼ぐ

カードローンQ&A

  • 即日融資とは?即日融資は本当に即日に融資をしてもらえるの?
  • 金利7%超のメキシコペソはブームになるか 特徴と取扱FX会社を紹介
  • 当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

    当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

    小学館雑誌定期購読小学館のプライバシーステートメント問い合わせ広告掲載について

    © Shogakukan Inc. 2018 . All rights reserved. No reproduction or republication without written permission. 掲載の記事・写真・イラスト等のすべてのコンテンツの無断複写・転載を禁じます。