マネーポストWEB「マネーポスト」公式サイト

FiscoNews

【コラム【EMW】】【中国の視点】マレーシア:国債・通貨・株式がトリプル安、アジア通貨危機再び?

2015年8月18日 8:13

外資によるマレーシア売りが加速している。マレーシアの国債は先週に急落したほか、通貨リンギットは米ドルに対して3.8%下落、同国の代表的な株価指数であるクアラルンプール指数(KLCIインデックス)は先週に5%以上下落し、週ベースで7年ぶりの下落幅を記録した。

市場関係者は、先週のリンギットの急落がアジア通貨危機を彷彿とさせると指摘。現時点では98年のように資本取引規制が導入されないものの、リンギットが一段と暴落すれば、その可能性を排除できないとの見方を示した。リンギットは直近8週で続落(対米ドル)し、17年ぶりの安値水準を更新。過去1年間で米ドルに対して22%急落した。

リンギットの急落について、米早期利上げ観測や、原油など商品価格の大幅下落に伴う輸出の減少、国内の政治腐敗、人民元の実質切り下げなどが挙げられた。また、マレーシアの外貨準備高の急速減少も警戒されている。報告によると、7月末時点の外貨準備高は967億米ドルまで縮小し、昨年末時点から17%減少し、1000億米ドル割り込んだのは2010年以来初めてとなる。

一方、マレーシア中央銀行のゼティ総裁は13日、資本規制の導入やリンギットを再びほかの通貨とペッグさせる必要がないとの認識を示した。中銀が米利上げに対応する能力を持っており、現在のリンギット安はコントロールできる範囲内にあると強調した。

なお、1997年のアジア通貨危機が発生した後に、マレーシアは国際通貨基金(IMF)などの支援を受けず、「資本取引規制・固定相場制」政策を導入した。導入前はあらゆる国際機関からの批判を受けたが、マレーシア経済の急回復に伴い、IMFなどはマレーシアの金融政策を肯定した。

<ZN>

fisco

「マネーポストFX」の注目記事

半年の最大損失が約6万円なのに、取引全自動で稼ぎは50万円以上のFX
取引全自動のFXシストレ 5万円元手に1か月で8万円稼いだ実力
忙しくてもFX自動売買で1000万円儲けたトレーダー
40代投資家 「守り」を意識した売買で5000万円突破
相場観ゼロでもFXで1000万円稼ぐ方法とは
  • 約1年で140万円の儲け 暴れ馬ポンドで稼いだFXシストレ
  • 年間利回り10%以上も可能 海外銘柄で配当投資を始める方法
  • 2017年夏号(6月1日発売号)

    大特集は〈ただならぬ大化け株 総力発掘50〉。藤野英人氏が見出した「次世代テーマ株」や、戸松信博氏、藤井英敏氏らが注目する爆騰期待の個別株をランキング形式で紹介。橘玲氏、森永卓郎氏らによる連載も充実。定価620円。お早めにお求めください。

    当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

     日頃、雑誌『マネーポスト』をご愛読いただきまして誠にありがとうございます。このたび、『マネーポスト』は2017年夏号(2017年6月1日発売号)をもって、当サイトに完全移行・統合することとなりました。
     これまでのご愛顧に心から感謝いたしますとともに、「マネーポストWEB」も同様にお引き立ていただければ幸いです。

    2017年夏号(6月1日発売号)

    大特集は〈ただならぬ大化け株 総力発掘50〉。藤野英人氏が見出した「次世代テーマ株」や、戸松信博氏、藤井英敏氏らが注目する爆騰期待の個別株をランキング形式で紹介。橘玲氏、森永卓郎氏らによる連載も充実。定価620円。お早めにお求めください。

    当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

    小学館雑誌定期購読小学館のプライバシーステートメント問い合わせ広告掲載について

    © Shogakukan Inc. 2017 . All rights reserved. No reproduction or republication without written permission. 掲載の記事・写真・イラスト等のすべてのコンテンツの無断複写・転載を禁じます。