マネーポストWEB「マネーポスト」公式サイト

FiscoNews

【注目トピックス 日本株】ムサシ—1Qは増収ながら、利益面では印刷機材の減収や子会社のれん償却などが影響

2018年8月8日 10:20

ムサシ<7521>は7日、2019年3月期第1四半期(18年4月-6月)連結決算を発表。売上高が前年同期比21.4%増の87.10億円、営業損失が0.05億円(前年同期は0.08億円の損失)、経常利益が同28.7%減の0.26億円、親会社株主に帰属する当期純損失が0.23億円(前年同期は0.01億円の利益)となった。選挙機材や金融機器の販売が好調に推移したことに加え、2017年9月に子会社化したエム・ビー・エスの業績が寄与し、連結売上高は前年同期を上回った。利益面では、印刷機材の減収影響に加えて、エム・ビー・エスののれん償却の影響があった。

2019年3月期の通期連結業績予想は、売上高が前期比5.4%増の393.26億円、営業利益が同19.7%減の7.71億円、経常利益が同22.1%減の8.25億円、当期純利益は同35.3%減の4.80億円とする期初予想から変更はない。

同社の事業は、官公庁・自治体向けの販売が多いことから、2Q及び4Qに売上が偏重する傾向がある。そのため、1Qについては前期4Qの反動を受けることが多い。文書のデジタル化事業は1Qにおいては低調だったものの、2Qでの受注回復を見込む。また、印刷機材分野においてもレーザー加工機など「印刷後加工商品」の販売が2Q以降に回復する見込みであるなど、期初の2Q業績予想についても修正はない。

<SF>

fisco

不動産売却の完全マニュアル

【2018年版】不動産一括査定20サイトを徹底比較!
【2018年版】不動産一括査定20サイトを徹底比較!
【無料】満足度90%超!ソニーグループの不動産売却サービス
【無料】満足度90%超!ソニーグループの不動産売却サービス

初心者向け「FX」「株」の記事まとめ

楽天ポイントやdポイントをお得に有効活用 ポイント投資を徹底解説
金利7.75%メキシコペソをトルコリラなど他高金利通貨と比較
“ほったらかしFX”の元祖「トラリピ」を徹底解説 トレーダーへの取材で魅力を再発見
ロボアドバイザー投資 超基礎編 特徴や代表的な会社を紹介
  • ポイントで投資できるクレジットカードを紹介!
  • 金利7%超のメキシコペソはブームになるか 特徴と取扱FX会社を紹介
  • 当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

    当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

    小学館雑誌定期購読小学館のプライバシーステートメント問い合わせ広告掲載について

    © Shogakukan Inc. 2018 . All rights reserved. No reproduction or republication without written permission. 掲載の記事・写真・イラスト等のすべてのコンテンツの無断複写・転載を禁じます。