マネーポストWEB「マネーポスト」公式サイト

FiscoNews

【注目トピックス 経済総合】コラム【アナリスト夜話】:邦銀がJPモルガンに勝てない惨状~日銀はどう見るか?(マネックス証券チーフ・アナリスト大槻奈那

2018年8月8日 10:17

先週、アップルの時価総額が1兆ドルを超えたことが話題になりました。これは、ソフトバンクの10倍です。

さすがアメリカ、ハイテク王国…と思いきや、銀行業界の日米格差もかなり大きくなっています。

銀行業界で世界一の時価総額は、米JPモルガンの43.8兆円です。実は、7月以降、JPモルガンの時価総額は日本の上場銀行の時価総額の合計を上回っています。買収プレミアム等を無視すれば、JPモルガン1社の株で日本の銀行全部を買っておつりがくることになります。

2006年、政策金利が0.5%だったころ、JPモルガンと日本最大のMUFGの合計はほぼ拮抗していました。しかしリーマンショック後じりじりと格差がつき始め、マイナス金利導入後に一気に突き放されました。

MUFGの預金総額は176兆円と、JPモルガンの160兆円を上回ります。個人顧客数でも、MUFGの4000万口座は、1800万の家計が口座を持つとするJPモルガンに引けを取りません。しかし、日銀の異次元緩和以降、これらを日本では収益化できません。

バブル期の80年代後半、山手線内の土地だけで米国全土が買えると言われていました。今の銀行業界はその逆です。当時は、東京の潜在力や米国の非効率性などで説明されていました。しかしやはり極端な価格差は長続きせず、東京の下落と米国の上昇とで地価の格差は調整されました。

銀行株の日米格差も、同じように調整される日が来るのでしょうか。先週、日銀が政策を微調整しましたが、これでは邦銀の収益押し上げには全く不十分です。更なる調整に向けての“お試し”だったととらえ、もう少し短期ゾーンの金利調整に踏み込むのを待ちたいと思います。

マネックス証券 チーフ・アナリスト 大槻 奈那
(出所:8/6配信のマネックス証券「メールマガジン新潮流」より、抜粋)

<HH>

fisco

不動産売却の完全マニュアル

【2018年版】不動産一括査定20サイトを徹底比較!
【2018年版】不動産一括査定20サイトを徹底比較!
【無料】全国1,600社以上・最大10社に一括査定できる不動産売却サービス
【無料】全国1,600社以上・最大10社に一括査定できる不動産売却サービス

初心者向け「FX」「株」の記事まとめ

ほったらかしFX「トラリピ」が人気を集める4つの理由を解説
高金利通貨の新たな主役「カナダドル」に注目する理由
ロボアドバイザー投資 超基礎編 特徴や代表的な会社を紹介

カードローンQ&A

  • 即日融資とは?即日融資は本当に即日に融資をしてもらえるの?
  • 金利7%超のメキシコペソはブームになるか 特徴と取扱FX会社を紹介
  • 当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

    当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

    小学館雑誌定期購読小学館のプライバシーステートメント問い合わせ広告掲載について

    © Shogakukan Inc. 2018 . All rights reserved. No reproduction or republication without written permission. 掲載の記事・写真・イラスト等のすべてのコンテンツの無断複写・転載を禁じます。