マネーポストWEB「マネーポスト」公式サイト

FiscoNews

【注目トピックス 日本株】日経平均寄与度ランキング(前引け)~ 日経平均は続伸、ソフトバンクGとダイキンの2銘柄で約63円押し上げ

2018年8月8日 12:40

8日前引け時点の日経平均構成銘柄の騰落数は、値上がり127銘柄、値下がり91銘柄、変わらず7銘柄となった。

日経平均は続伸。87.74円高の22750.48円(出来高概算7億株)で前場の取引を終えている。7日の米国市場でNYダウは126ドル高と3日続伸し、約5ヶ月ぶりの高値を付けた。アジア・欧州株がほぼ全面高となり、米国株も買いが先行した。ただ、米通商代表部(USTR)が7日、中国に対する制裁関税の第2弾を23日に発動すると発表し、米中貿易摩擦の激化に対する懸念が重しとなって本日の日経平均は3円高からスタートした。寄り付き後はソフトバンクG<9984>が前日に続き買われたほか、好決算を発表したダイキン<6367>やニコン<7731>も押し上げ役となり、日経平均は上げ幅を拡大する展開となった。動向が注目される中国株も比較的底堅い動きを見せ、日経平均は前場中ごろを過ぎると一時22768.27円(105.53円高)まで上昇した。

値上がり寄与トップはソフトバンクG<9984>、同2位はダイキン<6367>で2銘柄で日経平均を約63円押し上げた。そのほか、ファナック<6954>、TDK<6762>、アステラス薬<4503>などが続いた。ダイキンは、前日に発表した決算が好感されている。同社の第1四半期決算では、営業利益が831億円で前年同期比11.7%増となった。ベトナムで天候不順の影響があったほか、原材料費上昇が重しになったが、先進国を中心とした拡販の進展、化学事業の売価引き上げ効果などが背景にあるという。ほぼ市場予想線上の着地とみられ、実績値に対するサプライズは大きくないが、第2四半期は猛暑効果が期待できるなか、業績上振れ期待があらためて高まる状況になっているもよう。

一方、値下がり寄与トップはNTTデータ<9613>、同2位は明治HD<2269>となり、それにキリンHD<2503>、東海カーボン<5301>、オリンパス<7733>などが続く格好になった。明治HDが前日に発表した第1四半期決算では、営業利益が198億円で前年同期比19.0%減益となり、市場予想を30億円強下回った。会社側では上半期計画を432億円から410億円に下方修正している。主力の食品事業が減収と想定以上に苦戦し、第1四半期減益決算や下方修正の主因となっている。会社側では下半期からの回復を想定して通期予想は据え置いているが、安定成長継続期待は後退する方向に。

*11:30現在

日経平均株価  22750.48(+87.74)

値上がり銘柄数 127(寄与度+163.97)
値下がり銘柄数  91(寄与度-76.24)
変わらず銘柄数  7

○値上がり上位銘柄
コード  銘柄         直近価格        前日比 寄与度
<9984> ソフトバンクG     10450          400 +44.53
<6367> ダイキン        13475          500 +18.55
<6954> ファナック       22245          305 +11.32
<6762> TDK           11790          210 +7.79
<4543> テルモ          6100          100 +7.42
<7731> ニコン          2092          163 +6.05
<6841> 横河電          2090          125 +4.64
<6988> 日東電          8631          124 +4.60
<4503> アステラス薬      1863           21 +3.90
<6976> 太陽誘電         3290           70 +2.60
<4519> 中外薬          5810           70 +2.60
<4021> 日産化学         4945           70 +2.60
<9433> KDDI           3112           11 +2.45
<6103> オークマ         6560          290 +2.15
<4704> トレンド         6700           50 +1.86
<6366> 千代建           900           42 +1.56
<8028> ユニファミマ     10780           40 +1.48
<9983> ファーストリテ    47760           40 +1.48
<8252> 丸井G          2337           40 +1.48
<1721> コムシスHD       2907           38 +1.41

○値下がり上位銘柄
コード  銘柄         直近価格        前日比 寄与度
<9613> NTTデータ        1335          -65 -12.06
<2269> 明治HD          7790         -870 -6.46
<2503> キリンHD         2613        -119.5 -4.43
<5301> 東海カ          2101         -118 -4.38
<4568> 第一三共         4537          -85 -3.15
<7733> オリンパス       4435          -80 -2.97
<4063> 信越化         10965          -65 -2.41
<6758> ソニー          6104          -59 -2.19
<7203> トヨタ          7091          -55 -2.04
<4523> エーザイ         9861          -53 -1.97
<7269> スズキ          7429          -45 -1.67
<6098> リクルートHD      3091          -15 -1.67
<4578> 大塚HD          5015          -44 -1.63
<4151> 協和キリン       2111          -40 -1.48
<9766> コナミHD         5180          -40 -1.48
<2502> アサヒ          4953          -37 -1.37
<8035> 東エレク        19480          -35 -1.30
<4061> デンカ          3850         -175 -1.30
<4901> 富士フイルム      4618          -35 -1.30
<1802> 大林組          1048          -32 -1.19

<AK>

fisco

不動産売却の完全マニュアル

【2018年版】不動産一括査定20サイトを徹底比較!
【2018年版】不動産一括査定20サイトを徹底比較!
【無料】満足度90%超!ソニーグループの不動産売却サービス
【無料】満足度90%超!ソニーグループの不動産売却サービス

初心者向け「FX」「株」の記事まとめ

楽天ポイントやdポイントをお得に有効活用 ポイント投資を徹底解説
金利7.75%メキシコペソをトルコリラなど他高金利通貨と比較
“ほったらかしFX”の元祖「トラリピ」を徹底解説 トレーダーへの取材で魅力を再発見
ロボアドバイザー投資 超基礎編 特徴や代表的な会社を紹介
  • ポイントで投資できるクレジットカードを紹介!
  • 金利7%超のメキシコペソはブームになるか 特徴と取扱FX会社を紹介
  • 当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

    当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

    小学館雑誌定期購読小学館のプライバシーステートメント問い合わせ広告掲載について

    © Shogakukan Inc. 2018 . All rights reserved. No reproduction or republication without written permission. 掲載の記事・写真・イラスト等のすべてのコンテンツの無断複写・転載を禁じます。