マネーポストWEB「マネーポスト」公式サイト

FiscoNews

【注目トピックス 市況・概況】後場に注目すべき3つのポイント~中国株の落ち着きが安心感につながるが

2018年8月8日 12:34

8日の後場の取引では以下の3つのポイントに注目したい。

・日経平均は続伸、中国株の落ち着きが安心感につながるが
・ドル・円は下げ渋り、材料難で狭い値幅に
・値上がり寄与トップはソフトバンクG<9984>、同2位はダイキン<6367>

■日経平均は続伸、中国株の落ち着きが安心感につながるが

日経平均は続伸。87.74円高の22750.48円(出来高概算7億株)で前場の取引を終えている。

7日の米国市場でNYダウは126ドル高と3日続伸し、約5ヶ月ぶりの高値を付けた。アジア・欧州株がほぼ全面高となり、米国株も買いが先行した。ただ、米通商代表部(USTR)が7日、中国に対する制裁関税の第2弾を23日に発動すると発表し、米中貿易摩擦の激化に対する懸念が重しとなって本日の日経平均は3円高からスタートした。寄り付き後はソフトバンクG<9984>が前日に続き買われたほか、好決算を発表したダイキン<6367>やニコン<7731>も押し上げ役となり、日経平均は上げ幅を拡大する展開となった。動向が注目される中国株も比較的底堅い動きを見せ、日経平均は前場中ごろを過ぎると一時22768.27円(105.53円高)まで上昇した。

個別では、前述のソフトバンクGが売買代金トップで4%近い上昇となったほか、ダイキンやキーエンス<6861>、NTT<9432>などが堅調だった。ダイキンの第1四半期決算は市場予想並みながら好調な出足だった。NTTは堅調な第1四半期決算やグループ再編が好感された。第1四半期が市場予想を大きく上回る増益となり、通期予想も上方修正したニコンは8%超高。また、タカラトミー<7867>はストップ高を付け、東証1部上昇率トップとなった。一方、任天堂<7974>、ソニー<6758>、トヨタ自<7203>、スズキ<7269>などがさえない。東海カーボ<5301>やキリンHD<2503>は決算を受けて下げが目立ち、上期の営業利益見通しを下方修正した明治HD<2269>は10%安と急落した。セクターでは、海運業、情報・通信業、パルプ・紙などが上昇率上位。半面、食料品、ゴム製品、繊維製品などが下落率上位だった。

USTRが対中追加関税の発動を公表して動向が警戒された中国株は落ち着きを見せており、後場の日経平均もしっかりとした展開が続きそうだ。ただ、日足チャートで見ると狭いレンジでこう着感を強めており、今月1日の高値(22775.47円)に迫る場面では売りも出やすいと考えられる。かねて指摘しているとおり、明日9日には日米新貿易協議(FFR)の初会合が予定されており、米トランプ政権が追加関税を検討している自動車・自動車部品などでは警戒感が強まりそうだ。日経平均をけん引するソフトバンクGも昨年10月高値(10550円)に迫り、目先は上げ一服となる可能性がある。

新興市場ではマザーズ指数が続伸し、比較的強い動きを見せている。週後半にはミクシィ<2121>などの主力株が決算発表を予定しており、その前に買い戻しの動きが広がっているものと考えられる。ただ、これら主力株の決算は全般にポジティブサプライズに乏しいとみられ、再評価機運が高まるかどうかは慎重に見極めたい。

■ドル・円は下げ渋り、材料難で狭い値幅に

ドル・円は、NY終値付近を中心に朝方から極めて狭いレンジ内の値動きが続いた。日経平均株価は前日比100円超高の堅調地合いとなり、株高を意識した円売りに振れやすい地合いだが、ドルは具体的な買い材料が乏しく、その後は失速。

ランチタイムの日経平均先物は堅調地合いを維持し、目先の日本株高継続への思惑から円売りに振れやすい。ただ、上海総合指数がマイナス圏で推移しており、円売りを弱めそうだ。また、米長期金利の横ばい推移も、ドル買いは仕掛けづらい。

ここまでの取引レンジは、ドル・円は111円30銭から111円41銭、ユーロ・円は129円15銭から129円27銭、ユーロ・ドルは1.1595ドルから1.1608ドルで推移した。

(為替・債券アナリスト 吉池威)

■後場のチェック銘柄

・タカラトミー<7867>やソネット・メディア・ネットワークス<6185>など、5銘柄がストップ高
※一時ストップ高・安(気配値)を含みます

・値上がり寄与トップはソフトバンクG<9984>、同2位はダイキン<6367>

■経済指標・要人発言

【要人発言】

・日銀金融政策決定会合・主な意見(7月30-31日分)

「消費者物価指数の前年比は、緩やかにプラス幅の拡大を続けていくとみられるが、そ動きは弱く、かつ不安定であるため2%に達するには暫く時間がかかる」

「現行の政策の下では、インフレ率が2%に向けて徐々に上昇率を高める可能性は低い」

「新たなフォワードガイダンスの導入で、金融緩和の枠組みを一層強化することは極めて重要」

「長期金利の変動幅についてはイールドカーブ・コントロール導入後の金利変動幅、おおむねプラスマイナス0.1%の幅から、上下にその2倍程度に変動しうることを念頭に置くのが適切」

【経済指標】

・日・6月経常収支:+1兆1756億円(予想:+1兆2222億円、5月:+1兆9383億円)

・豪・6月住宅ローン件数:前月比-1.1%(予想:0.0%、5月:+1.1%)

☆後場の注目スケジュール☆

<国内>
・14:00 7月景気ウォッチャー調査・現状判断(予想:48.0、6月:48.1)

<海外>
・時間未定 中・7月輸出(前年比予想:+10.0%、6月:+11.2%)
・時間未定 中・7月輸入(前年比予想:+16.5%、6月:+14.1%)
・時間未定 中・7月貿易収支(予想:+389.2億ドル、6月:+414.7億ドル)

<HH>

fisco

不動産売却の完全マニュアル

【2018年版】不動産一括査定20サイトを徹底比較!
【2018年版】不動産一括査定20サイトを徹底比較!
【無料】満足度90%超!ソニーグループの不動産売却サービス
【無料】満足度90%超!ソニーグループの不動産売却サービス

初心者向け「FX」「株」の記事まとめ

楽天ポイントやdポイントをお得に有効活用 ポイント投資を徹底解説
ほったらかしFXで月22万円稼ぐサラリーマンの投資法
“ほったらかしFX”の元祖「トラリピ」を徹底解説 トレーダーへの取材で魅力を再発見
ロボアドバイザー投資 超基礎編 特徴や代表的な会社を紹介
  • ポイントで投資できるクレジットカードを紹介!
  • 金利7%超のメキシコペソはブームになるか 特徴と取扱FX会社を紹介
  • 当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

    当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

    小学館雑誌定期購読小学館のプライバシーステートメント問い合わせ広告掲載について

    © Shogakukan Inc. 2018 . All rights reserved. No reproduction or republication without written permission. 掲載の記事・写真・イラスト等のすべてのコンテンツの無断複写・転載を禁じます。