マネーポストWEB「マネーポスト」公式サイト

FiscoNews

【注目トピックス 経済総合】量子コンピュータ利用の共同研究で三菱UFJ銀行との契約締結

2018年8月8日 18:10

MDR株式会社は、三菱UFJ銀行【関東財務局長(登金)第5号】と共同研究に関する契約を締結。量子コンピュータの金融分野での活用の検討を開始した。
高度情報化社会の到来で、計算量が膨大となり、スーパーコンピュータのような膨大な並列計算機の消費電力の増大や、既存半導体技術の微細化と計算能力の限界が指摘されている。新たなデータ処理設計基盤での計算機の需要が高まっており、現在、米国のIT大手GoogleやMicrosoft、IBM、中国の大手のAlibaba、Baidu各社は汎用量子コンピュータと呼ばれる新方式の計算機の開発に着手し、開発競争が加熱している。
汎用量子コンピュータが実現すると、これまで解けなかった問題が解けると期待が大きい。なかでも、金融分野では、資産運用やリスク管理、暗号通信の領域での利用についての関心が高く、JPMorganChaseやGoldmanSachs、Barclays、MorganStanleyなどの大手金融機関が調査研究を始めている。
MDRは、国内の大手企業や国立大学法人、国立研究開発法人と共に、量子コンピュータのハードウェアやミドルウェア、アプリケーションを開発している。TokyoFinancialInformation&TechnologySummit2018StartupShowcaseでは「ファイナリストに選定」され、金融への取り組みが評価された。
MDRが作成したPythonベースの開発キット「Wildcat」は、「MicrosoftInnovationAward2018で評価」され、Microsoft本社の支援をうけている。現在、金融や創薬、モビリティの分野でプロジェクトを進め、今後は各種アプリケーション開発を促進し、量子コンピュータの可能性と恩恵の提供に邁進する。
三菱UFJ銀行は、持株会社である三菱UFJフィナンシャル・グループのグループ各社と、量子コンピュータの金融業務での利用の可能性の研究に取り組んでいる。「資産運用分野での実証実験」や、IBMQネットワークの日本での唯一のアクセス拠点として設立された「IBMQHub@Keioに参加」し、汎用量子コンピュータの研究にも着手している。
MDRは、2018年3月から三菱UFJフィナンシャル・グループのデジタルアクセラレータ第3期企業として採択され、金融分野での量子コンピュータの利用可能性について、三菱UFJフィナンシャル・グループのグループ各社と検証を進め、4カ月間の成果が2018年7月27日のDEMODAY(最終発表会)にて、「準グランプリ」を獲得した。
さらに、アクセラレータプログラム終了後の共同研究について契約を締結し、汎用量子コンピュータの金融領域での活用研究を中心に、量子コンピュータ利用の検討に着手する。
今回の契約締結について、MDR代表取締役社長の湊雄一郎氏は、次のように語っている。
「これまで困難と言われていた汎用量子コンピュータの開発が全世界で想像以上のペースで加速しております。そのような状況でアプリケーション開発が急がれる現在、今回MUFGデジタルアクセラレータプログラムにおけるグループ各社との取り組みを一歩進め、具体的な形として汎用量子コンピュータの共同研究開発に着手できることにとても感謝しています。弊社の豊富な実績と人材を活用し、ハードウェアからソフトウェアまでの幅広い開発ノウハウを生かして、世界でも最先端のアプリケーション開発に貢献できるよう全社をあげて邁進してまいります」

【ニュース提供・エムトレ】

<US>

fisco

不動産売却の完全マニュアル

【2018年版】不動産一括査定20サイトを徹底比較!
【2018年版】不動産一括査定20サイトを徹底比較!
【無料】満足度90%超!ソニーグループの不動産売却サービス
【無料】満足度90%超!ソニーグループの不動産売却サービス

初心者向け「FX」「株」の記事まとめ

楽天ポイントやdポイントをお得に有効活用 ポイント投資を徹底解説
金利7.75%メキシコペソをトルコリラなど他高金利通貨と比較
“ほったらかしFX”の元祖「トラリピ」を徹底解説 トレーダーへの取材で魅力を再発見
ロボアドバイザー投資 超基礎編 特徴や代表的な会社を紹介
  • ポイントで投資できるクレジットカードを紹介!
  • 金利7%超のメキシコペソはブームになるか 特徴と取扱FX会社を紹介
  • 当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

    当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

    小学館雑誌定期購読小学館のプライバシーステートメント問い合わせ広告掲載について

    © Shogakukan Inc. 2018 . All rights reserved. No reproduction or republication without written permission. 掲載の記事・写真・イラスト等のすべてのコンテンツの無断複写・転載を禁じます。