マネーポストWEB「マネーポスト」公式サイト

FiscoNews

【注目トピックス 経済総合】Starbucksは、暗号通貨の支払いを受けつけない

2018年8月8日 18:09

世界でもっとも有力なコーヒーショップのひとつであるStarbucksは、暗号通貨の支払いを認めると報じられたが、暗号通貨の受け取りをしないようである。2018年8月3日(金)、インターコンチネンタル取引所は、MicrosoftとStarbucksが暗号通貨を活用すると発表したばかりである。
暗号通貨領域の人々は、ビットコインを支払い手段として受け入れるStarbucksのことを思案し始めていた。しかし、真実は、Starbucksは暗号通貨を受け折らないという。もし、Starbucksで暗号通貨を使って支払いをしたければ、暗号通貨を売って米ドルと交換し、米ドル支払うということになる。

Starbucks副社長のMariaSmith氏は、暗号通貨の支払いについて次のように語った。
写真出典はこちら
「小売業の主力店舗として、Starbucksは、消費者がStarbucksで使うためにデジタル資産を米ドルに変換するための、実用的で、信用のおける、規制されたアプリケーションの開発に中心的な役割をしなければならない。1500万人以上のStarbucksの会員に対するモバイル決済のリーダーとして、Starbucksは消費者のために、いろいろな支払い手段の方法に取り組んでいる」
もっとも重要な国際取引所で、クリアリングハウスであり、データ及びリスティングサービスを行っているインターコンチネンタル取引所は、Bakkiとして知られる新しい会社をつくることを望んでいる。この会社は、デジタル資産にとってオープンで、規制された国際的なエコシステムをつくる意図で、Microsoftのクラウド・ソリューションを活用する。
Bakktが最初に開発するものひとつは、ビットコインを他の法定通貨と交換する取引所である。現時点で、Starbucksでは、サムソンペイやグーグルペイ、アップルペイを上回る、人気のあるモバイル決済アプリケーションや、カード、現金での支払いが可能である。
暗号通貨に関して、Starbucksがニュースに取り上げられるのは初めてではない。過去に、ツイッターの利用者が、アルゼンチンのブエノスアイレスの、いくつかのStarbucksでは、お客のコンピュータを使って、バーチャル通貨のマイニングを行うために、店内にWi-Fiのネットワークが使われていたと報告したことがある。
その問題は結局、それらの店舗は警告を受け、インターネットのプロバイダーがその問題を解決するよう、素早い行動を取ったと、Starbucksは報告した。
出典:UseTheBitcoin

【ニュース提供・エムトレ】

<US>

fisco

不動産売却の完全マニュアル

【2018年版】不動産一括査定20サイトを徹底比較!
【2018年版】不動産一括査定20サイトを徹底比較!
【無料】全国1,600社以上・最大10社に一括査定できる不動産売却サービス
【無料】全国1,600社以上・最大10社に一括査定できる不動産売却サービス

初心者向け「FX」「株」の記事まとめ

ほったらかしFX「トラリピ」が人気を集める4つの理由を解説
高金利通貨の新たな主役「カナダドル」に注目する理由
ロボアドバイザー投資 超基礎編 特徴や代表的な会社を紹介

カードローンQ&A

  • 即日融資とは?即日融資は本当に即日に融資をしてもらえるの?
  • 金利7%超のメキシコペソはブームになるか 特徴と取扱FX会社を紹介
  • 当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

    当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

    小学館雑誌定期購読小学館のプライバシーステートメント問い合わせ広告掲載について

    © Shogakukan Inc. 2018 . All rights reserved. No reproduction or republication without written permission. 掲載の記事・写真・イラスト等のすべてのコンテンツの無断複写・転載を禁じます。