マネーポストWEB「マネーポスト」公式サイト

FiscoNews

【ビットコインニュース】米ファンドストラット社、「ビットコイン反発の真の兆候は、市場シェアの回復」【フィスコ・ビットコインニュース】

2018年8月8日 18:09

米リサーチ会社、ファンドストラット社のトム・リー氏は、「ビットコイン相場は過去2週間低迷しているにもかかわらず、徐々に仮想通貨市場全体に占めるビットコインのシェアは回復しつつある」と指摘し、「ビットコイン反発の真の兆候は、市場シェアの回復である」と発言したことが7日、CNBCの報道により明らかとなった。

ビットコインの時価総額は2017年初め、仮想通貨市場全体の時価総額の約80%を占めていたが、1年後の1月に、その市場規模はわずか約36%に低下した。しかし、1月以降また徐々に上昇している。

リー氏は6日、「ビットコインは現状の水準を保っていれば、大きく値崩れすることはないだろう。人々はビットコインがまた6000ドル前後の水準に下がれば、そこからの回復は難しいと不安視しているだろう」と発言。また、「ビットコインの市場シェアは、今年最高レベルの48%まで上昇している」として「ビットコインの市場シェアは、実際に市場に何が起こっているのかに反応している」との見解を示しているようだ。

ファンドストラット社は今まで、ビットコインの価格予想について強気の姿勢を見せていた。今年5月には、仮想通貨マイニングエコノミストのサム・ドクター氏が顧客レポートの中で、「ビットコイン価格は2019年末までに1BTC=6万4000ドル(日本円で約697万円相当)に達する可能性がある」との見解を示した。

また、翌月6月には、ファンドストラット社のロバート・スルーマー氏が「ビットコインは同社が5月に予想していたラリーに失敗したが、長期的な基調が引き続き上方で9500ドル(104万円相当)が重要な水準になる」と指摘し、「もし、ビットコイン価格が7800ドル(854100円相当)を突破した場合、上昇に勢いがつく」と発言している。

<SI>

fisco

不動産売却の完全マニュアル

【2018年版】不動産一括査定20サイトを徹底比較!
【2018年版】不動産一括査定20サイトを徹底比較!
【無料】全国1,600社以上・最大10社に一括査定できる不動産売却サービス
【無料】全国1,600社以上・最大10社に一括査定できる不動産売却サービス

初心者向け「FX」「株」の記事まとめ

ほったらかしFX「トラリピ」が人気を集める4つの理由を解説
高金利通貨の新たな主役「カナダドル」に注目する理由
ロボアドバイザー投資 超基礎編 特徴や代表的な会社を紹介

カードローンQ&A

  • 即日融資とは?即日融資は本当に即日に融資をしてもらえるの?
  • 金利7%超のメキシコペソはブームになるか 特徴と取扱FX会社を紹介
  • 当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

    当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

    小学館雑誌定期購読小学館のプライバシーステートメント問い合わせ広告掲載について

    © Shogakukan Inc. 2018 . All rights reserved. No reproduction or republication without written permission. 掲載の記事・写真・イラスト等のすべてのコンテンツの無断複写・転載を禁じます。