マネーポストWEB「マネーポスト」公式サイト

FiscoNews

【注目トピックス 経済総合】今週のトルコリラは上値の重い展開か サンワード貿易の陳氏(三井智映子)

2018年8月9日 9:31

皆さん、こんにちは。フィスコマーケットレポーター三井智映子の気になるレポートです。先週はトルコリラ円が大幅下落となり、対ドル、対円ともに過去最安値を更新しましたね。そこで、今週トルコリラはどうなるのか、トルコリラについてのレポートをご紹介します。

テクニカルマイスターでは、トルコリラ円が大幅下落した要因について『インフレ圧力が高まることへの懸念や、米が対トルコ制裁の発動を警告したこと』と伝えています。

インフレについては『トルコ中央銀行のチェティンカヤ総裁は31日、四半期インフレ報告を発表し、トルコ中銀が2018年のインフレ率見通しを従来の8.4%から13.4%へ大幅に引き上げたことを明らかにした。また、2019年末のインフレ率見通しも4月時点の予想の6.5%から9.3%に上方修正した』と説明しています。

また、トルコの利上げについては『トルコ中銀は7月24日、政策金利の1週間物レポレートを17.75%に据え置くことを決定し、利上げ予想が大勢だった市場を驚かせた。ただ、さすがにここまでインフレ率が上昇したことで、次回の会合では利上げを行うのではないかとの期待も出ている』と解説しています。

アメリカとトルコの関係については、『トランプ大統領はトルコに対し、拘束している米国人牧師2人を解放しない限り制裁を科すと表明。両国間の緊張が高まった』と述べており、『同国のギュル法相とソイル内相を制裁対象に指定すると発表した』と伝えています。加えて、『同盟国の閣僚への制裁は異例で、両国関係の悪化は避けられないとの見方が強まった』と分析しています。これに対し、トルコは米側に制裁決定を取り消すよう要求するとともに、同じ方法で報復をすると宣言したようです。

そして、今週の値動きについては『トルコを取り巻く悪材料が拡大している』ことから、『上値の重い展開が続きそうだ』との見解を示しています。

上記の詳細コメントは、ブログ「テクニカルマイスター」の8月6日付「トルコリラ円、先週の動き・今週の予想」にまとめられていますので、ご興味があればご覧ください。

フィスコマーケットレポーター三井智映子

<HH>

fisco

不動産売却の完全マニュアル

【2018年版】不動産一括査定20サイトを徹底比較!
【2018年版】不動産一括査定20サイトを徹底比較!
【無料】全国1,600社以上・最大10社に一括査定できる不動産売却サービス
【無料】全国1,600社以上・最大10社に一括査定できる不動産売却サービス

初心者向け「FX」「株」の記事まとめ

ほったらかしFX「トラリピ」が人気を集める4つの理由を解説
高金利通貨の新たな主役「カナダドル」に注目する理由
ロボアドバイザー投資 超基礎編 特徴や代表的な会社を紹介

カードローンQ&A

  • 即日融資とは?即日融資は本当に即日に融資をしてもらえるの?
  • 金利7%超のメキシコペソはブームになるか 特徴と取扱FX会社を紹介
  • 当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

    当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

    小学館雑誌定期購読小学館のプライバシーステートメント問い合わせ広告掲載について

    © Shogakukan Inc. 2018 . All rights reserved. No reproduction or republication without written permission. 掲載の記事・写真・イラスト等のすべてのコンテンツの無断複写・転載を禁じます。