マネーポストWEB「マネーポスト」公式サイト

FiscoNews

【注目トピックス 日本株】日経平均寄与度ランキング(前引け)~日経平均は3日続落、東エレクと信越化学の2銘柄で約34円押し下げ

2018年8月10日 12:55

日経平均は3日続落、東エレクと信越化学の2銘柄で約34円押し下げ
10日大引け時点の日経平均構成銘柄の騰落数は、値上がり61銘柄、値下がり160銘柄、変わらず4銘柄となった。

日経平均は3日続落。104.06円安の22494.33円(出来高概算6億6000万株)で前場の取引を終えている。9日の米国市場ではNYダウが74ドル安と続落したものの、朝方は円相場が弱含みとなっていたこと、4-6月期国内総生産(GDP)が市場予想を上回る伸びとなったことなどを支えに、本日の日経平均は8円高と小高くスタートした。しかし、寄り付き後は米株安が重しとなってマイナスに転じ、22439.76円(158.63円安)まで下落する場面があった。注目された日米貿易協議(FFR)が予定を延長して10日も続くことになり、協議内容を見極めたいとの思惑も投資家の買い手控えにつながったようだ。

値下がり寄与トップは東京エレクトロン<8035>、同2位は信越化学<4063>で、2銘柄で日経平均を約34円押し下げた。そのほか、TDK<6762>、京セラ<6971>、アドバンテスト<6857>などがそれに続いた。米モルガンスタンレーが、在庫が高水準に積みあがっていることや、生産リードタイムの長期化を受けて、半導体セクターの投資判断を引き下げたことが東京市場でも悪材料視される展開となっている。

一方、値上がり寄与トップは富士フィルム<4901>、同2位はスズキ<7269>となったほか、ファーストリテ<9983>、昭和シェル<5002>などがそれに続いた。昭和シェルは、前日に上半期の決算を発表しており、営業利益が740億円で前年同期比3.2倍となった。7月に発表した上方修正数値をやや上回る着地になったほか、15カ月決算となる通期予想は従来の980億円から1580億円に上方修正。同時に配当予想も52.5円から106円に引き上げ、上限600万株の自社株買い実施も発表している。出光興産との合併を控えるが、統合比率はまだ決定しておらず、同社のプレミアム期待などが高まる形にも。

*11:30現在

日経平均株価  22494.33(-104.06)

値上がり銘柄数  61(寄与度+59.78)
値下がり銘柄数 160(寄与度-163.84)
変わらず銘柄数  4

○値上がり上位銘柄
コード  銘柄         直近価格        前日比 寄与度
<4901> 富士フイルム      4874          215 +7.98
<7269> スズキ          7129          185 +6.86
<9983> ファーストリテ    47770          150 +5.57
<5002> 昭和シェル       1983          142 +5.27
<4324> 電通           4865          125 +4.64
<1963> 日揮           2217          105 +3.90
<6361> 荏原           3740          435 +3.23
<7912> 大日印          2497          101 +1.87
<8253> クレセゾン       1716           48 +1.78
<2502> アサヒ          4960           48 +1.78
<7267> ホンダ          3402           21 +1.56
<7951> ヤマハ          5350           40 +1.48
<9009> 京成           3870           65 +1.21
<7272> ヤマハ発         2851           31 +1.15
<5713> 住友鉱          3913           54 +1.00
<6366> 千代建           804           25 +0.93
<1721> コムシスHD       2885           23 +0.85
<4519> 中外薬          5850           20 +0.74
<2531> 宝HD           1128           18 +0.67
<2503> キリンHD         2604           18 +0.67

○値下がり上位銘柄
コード  銘柄         直近価格        前日比 寄与度
<8035> 東エレク        18800         -650 -24.12
<4063> 信越化         10850         -270 -10.02
<6762> TDK           11350         -230 -8.53
<6971> 京セラ          6721         -112 -8.31
<6857> アドバンテ       2566          -94 -6.98
<4543> テルモ          5810          -90 -6.68
<6367> ダイキン        13285         -165 -6.12
<4911> 資生堂          7984         -156 -5.79
<6954> ファナック       22095         -155 -5.75
<8830> 住友不          3778         -119 -4.42
<1925> 大和ハウス       3530         -106 -3.93
<6988> 日東電          8510          -99 -3.67
<9433> KDDI           3115          -16 -3.56
<6976> 太陽誘電         3095          -95 -3.53
<7733> オリンパス       4465          -75 -2.78
<9766> コナミHD         5100          -70 -2.60
<6506> 安川電          3605          -55 -2.04
<7735> スクリン         8210         -250 -1.86
<5301> 東海カ          2069          -50 -1.86
<8766> 東京海上         5202          -97 -1.80

<HI>

fisco

不動産売却の完全マニュアル

【2018年版】不動産一括査定20サイトを徹底比較!
【2018年版】不動産一括査定20サイトを徹底比較!
【無料】満足度90%超!ソニーグループの不動産売却サービス
【無料】満足度90%超!ソニーグループの不動産売却サービス

初心者向け「FX」「株」の記事まとめ

楽天ポイントやdポイントをお得に有効活用 ポイント投資を徹底解説
金利7.75%メキシコペソをトルコリラなど他高金利通貨と比較
“ほったらかしFX”の元祖「トラリピ」を徹底解説 トレーダーへの取材で魅力を再発見
ロボアドバイザー投資 超基礎編 特徴や代表的な会社を紹介
  • ポイントで投資できるクレジットカードを紹介!
  • 金利7%超のメキシコペソはブームになるか 特徴と取扱FX会社を紹介
  • 当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

    当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

    小学館雑誌定期購読小学館のプライバシーステートメント問い合わせ広告掲載について

    © Shogakukan Inc. 2018 . All rights reserved. No reproduction or republication without written permission. 掲載の記事・写真・イラスト等のすべてのコンテンツの無断複写・転載を禁じます。