マネーポストWEB「マネーポスト」公式サイト

FiscoNews

【ビットコインニュース】仮想通貨は通貨に「なりすましている」だけ=BIS調査責任者【フィスコ・ビットコインニュース】

2018年8月10日 17:23

スイスを拠点とする国際決済銀行(BIS)の調査責任者であるシン・ヒョンソン氏が、ビットコインやその他の仮想通貨は、通貨制度を維持するには至っておらず、実際の通貨であるかのような「ふりをしている」だけという考えであることをブルームバーグが報じた。

シン氏は仮想通貨やトークンとは「記録保持装置」であり、多数の人に受け入れられて初めて価値が増大していくものであって、実質的には価値がないと主張している。

ビットコインのマイナー(仮想通貨の新規発行や取引承認に必要となる計算作業を行う任意の参加者)は取引を検証するインセンティブが2つある。マイナーは報酬として新規発行されたビットコインを取得し、またユーザーが支払う取引手数料も得られる。

シン氏は、もし将来的にビットコインのネットワークの容量が増えれば、今ビットコインの課題となっている「容量不足」の問題は解消されて取引手数料もゼロになるため、マイナーはブロックを検証するインセンティブを失うことになると見る。この場合、ビットコインのネットワークを維持することが難しくなる。

これが、ビットコインが制度上はらむ課題点だと同氏は指摘する。また、これはビットコインに当てはまることだが、他の仮想通貨がより良い解決策を見つけるかもしれないとしている。

同氏はまた、ビットコインではもしもマイナーが一致団結した場合、理論的には過去の取引を無効とすることも可能であるため、事故につながる可能性があるとも指摘している。

<SI>

fisco

不動産売却の完全マニュアル

【2018年版】不動産一括査定20サイトを徹底比較!
【2018年版】不動産一括査定20サイトを徹底比較!
【無料】満足度90%超!ソニーグループの不動産売却サービス
【無料】満足度90%超!ソニーグループの不動産売却サービス

初心者向け「FX」「株」の記事まとめ

楽天ポイントやdポイントをお得に有効活用 ポイント投資を徹底解説
金利7.75%メキシコペソをトルコリラなど他高金利通貨と比較
“ほったらかしFX”の元祖「トラリピ」を徹底解説 トレーダーへの取材で魅力を再発見
ロボアドバイザー投資 超基礎編 特徴や代表的な会社を紹介
  • ポイントで投資できるクレジットカードを紹介!
  • 金利7%超のメキシコペソはブームになるか 特徴と取扱FX会社を紹介
  • 当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

    当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

    小学館雑誌定期購読小学館のプライバシーステートメント問い合わせ広告掲載について

    © Shogakukan Inc. 2018 . All rights reserved. No reproduction or republication without written permission. 掲載の記事・写真・イラスト等のすべてのコンテンツの無断複写・転載を禁じます。