マネーポストWEB「マネーポスト」公式サイト

経済

ドン・キホーテ 流通界の「巨大風車」Amazonに挑むしたたかな戦略

2018年9月5日 7:00

ドン・キホーテがAmazonに勝る強みとは(写真:共同通信社)

 世界最大手のスーパーマーケットチェーン、米・ウォルマートが、傘下の総合スーパー、西友を売却する方針だと報じられるや、引き受け先に注目が集まった。

「北海道から九州まで全国300店舗以上を擁する一大チェーンだけに、買収額は3000億円とも5000億円ともいわれる」(全国紙経済部記者)

 名乗りを上げるのは、業界最大手のイオンか、2番手のセブン&アイか―─。そんな中、手を挙げたのは意外な企業だった。

「西友に興味はあります」──8月13日、決算会見の場でこう発言したのは、ディスカウントストア「ドン・キホーテ」などを運営するドンキホーテホールディングス(以下、ドンキ)の大原孝治社長だ。

 2018年6月期のドンキの売上高は、9415億円(前期比13.6%増)と1兆円の大台に迫り、29期連続で増収増益。8月時点で421店舗を展開する同社は、2020年までに500店舗まで拡大することを旗印として掲げ、飛ぶ鳥落とす勢いで成長を続けている。

「この時代に小売りでこれほどの急成長は驚きだ」と、経済誌記者は舌を巻く。

 多くの小売業が苦戦に喘いでいる。これまで右肩上がりを続けてきた総合スーパーは2017年度決算で主要8社のうち4社が減収となり、イオンやセブン&アイの2強ですら、総合スーパー部門は赤字に転じている。

不動産売却の完全マニュアル

【2018年版】不動産一括査定20サイトを徹底比較!
【2018年版】不動産一括査定20サイトを徹底比較!
【無料】満足度90%超!ソニーグループの不動産売却サービス
【無料】満足度90%超!ソニーグループの不動産売却サービス

初心者向け「FX」「株」の記事まとめ

楽天ポイントやdポイントをお得に有効活用 ポイント投資を徹底解説
金利7.75%メキシコペソをトルコリラなど他高金利通貨と比較
“ほったらかしFX”の元祖「トラリピ」を徹底解説 トレーダーへの取材で魅力を再発見
ロボアドバイザー投資 超基礎編 特徴や代表的な会社を紹介
  • ポイントで投資できるクレジットカードを紹介!
  • 金利7%超のメキシコペソはブームになるか 特徴と取扱FX会社を紹介
  • 当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

    当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

    小学館雑誌定期購読小学館のプライバシーステートメント問い合わせ広告掲載について

    © Shogakukan Inc. 2018 . All rights reserved. No reproduction or republication without written permission. 掲載の記事・写真・イラスト等のすべてのコンテンツの無断複写・転載を禁じます。