マネーポストWEB「マネーポスト」公式サイト

FiscoNews

【注目トピックス 日本株】日本コンセプト Research Memo(4):物流のトータルソリューション

2018年9月3日 18:03

■事業概要

1. 事業内容
日本コンセプト<9386>の主な取引先は、国内外の大手から中小にいたる化学品や石油製品のメーカーやそれらを扱う商社などで、取り扱う液体貨物は化学品、石油化学品、洗剤原料、インキ、薬品、香料、食品材料など危険物から非危険物まで様々である。顧客に日本の輸出企業が多いことから輸出売上と輸入売上がメインであり、売上高の発生地は日本が多い。附帯サービスを提供する国内拠点が充実し、日本でのタンクコンテナの普及も進んだことから、為替変動の影響をヘッジする意味合いもあって、現在、国内輸送等売上を積極的に増やしているところである。なお、2017年にはガスタンクコンテナ事業に参入した。

同社の事業は、「物流のトータルソリューション」と言うことができる。日本の主要工業地帯を網羅する国内拠点に加え、アジアや欧米では独自で強固なグローバルネットワークを有しているため、国内外の陸上輸送や海上輸送など様々な輸送手段を組み合わせ、顧客のニーズに最適化した物流フローをアレンジすることができる。具体的には、出荷元の工場でタンクコンテナに充填された貨物を、そのままの姿でトラックや鉄道、船舶といった外注先の輸送手段を利用して納入先までDoor To Doorで届ける、国際複合一貫輸送サービスを提供している。また、グローバルネットワークを背景に、帰り便をほかの客に提供することで顧客にとって利便性が高く経済的なワンウェイ輸送サービスも提供している。

専業としてのタンクコンテナに関する豊富な知識と長年蓄積したノウハウにより、「タンクターミナル(拠点)のトータルソリューション」も提供している。危険物を輸送することから、タンクコンテナには2.5年ごとに国連の定めるIMDGコードに従った厳しい法定検査が課せられている。同社のタンクコンテナは、専業らしい徹底した洗浄とメンテナンスにより常に安全に使用することができる。また拠点において、タンクコンテナの受け入れ設備がない工場へ向けてタンクローリーやドラム缶など別容器に積替えたり、危険品も含めた液体貨物の納期調整ニーズなどに応えて保管したりするサービスも行っている。常温では固体もしくは粘性の高い貨物を、工場納入前に蒸気や温水により適温まで加温して液化した状態で納入することもできる。タンクコンテナの短期レンタルにも対応している。また、特に地球温暖化やオゾン層破壊を防ぐために確実な管理を求められているフロンガスに関して、フロン回収・破壊法などに基づいた厳格な回収・再生・破壊作業も行っている。

ほかにも、タンクターミナルでは、タンクコンテナを洗浄する際に発生する排水を、各自治体が定める排水処理基準を厳格に守って処理している。修理が必要なタンクコンテナについては、熟練した作業員による国際基準にのっとった修理作業により安全性を担保している。機械洗浄の済んだタンクコンテナには従業員が入り、タンク内部や各パーツを自らの目と手で入念にチェックしている。また、6mタンクコンテナと同サイズながら10基のミニタンクコンテナを載せたコンテナにより、一度に最多10種類の貨物の少量小分け輸送を可能にした。機能はタンクコンテナと変わらず危険物の積載も可能で、海陸一貫輸送や一時保管にも最適である。

(執筆:フィスコ客員アナリスト 宮田仁光)

<MH>

fisco

不動産売却の完全マニュアル

【2018年版】不動産一括査定20サイトを徹底比較!
【2018年版】不動産一括査定20サイトを徹底比較!
【無料】満足度90%超!ソニーグループの不動産売却サービス
【無料】満足度90%超!ソニーグループの不動産売却サービス

初心者向け「FX」「株」の記事まとめ

トルコリラ2019年の見通しをトルコ人アナリストが徹底予想
楽天ポイントやdポイントを無駄にしていませんか? ポイントを投資に有効活用
月5000円の金利収入も メキシコペソのスワップポイント比較
楽天ポイント投資を徹底解説 初心者におすすめの始め方は?
  • ポイントで投資できるクレジットカードを紹介!
  • 金利7%超のメキシコペソはブームになるか 特徴と取扱FX会社を紹介
  • 当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

    ABJマーク

    ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号6091713号)です。

    当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

    ABJマーク

    ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号6091713号)です。

    小学館雑誌定期購読小学館のプライバシーステートメント問い合わせ広告掲載について

    © Shogakukan Inc. 2018 . All rights reserved. No reproduction or republication without written permission. 掲載の記事・写真・イラスト等のすべてのコンテンツの無断複写・転載を禁じます。