マネーポストWEB「マネーポスト」公式サイト

FiscoNews

【注目トピックス 市況・概況】個人投資家株師孔明:2018年8月の仮想通貨の動きと主な出来事 【FISCOソーシャルレポーター】

2018年9月4日 7:50

以下は、フィスコソーシャルレポーターの個人投資家「株師孔明」氏(ブログ「株師孔明の株&仮想通貨ブログ」)が執筆したコメントです。フィスコでは、情報を積極的に発信する個人の方と連携し、より多様な情報を投資家の皆様に向けて発信することに努めております。

----

※2018年9月1日6時に執筆

【株師孔明の株&仮想通貨ブログ】にて、株や仮想通貨のブログを執筆している「株師孔明」と申します。どうぞ、お見知りおきを。

この記事では、2018年8月の仮想通貨の動きについて、価格に影響があったニュースや個別の仮想通貨の動きについて振り返る。

■米SEC CBOEのビットコインETFの可否判断を9月30日に延期

8月7日、米国証券取引委員会(SEC)は、CBOEへの上場を求めていたビットコインETFの可否判断を9月30日に延期すると発表した。

CBOEのビットコインETFは申請されているビットコインETFの中でも最有力候補とされており、8月10日に可否が決定するとして期待が高まっていた。

これを受けてビットコイン価格は急落した。

■米SECビットコインETF9つを却下も再審査を発表

8月22日、SECは9つのビットコインETFの申請を却下した。しかし翌23日、上級スタッフが拒否判断を見直し再審査すると発表し、可否判断は「保留」とされた。再審査されるビットコインETFはProShares版、GraniteShares版、Direxion版の計9つ。

なお、このニュースを受けた価格の下落は限定的であった。7月のウィンボルクス兄弟のETFの却下やCBOE関連ETFの可否判断延期などがあったため、今回のETF可否判断に対する期待感が薄れていたからであるとみられる。

■米Yahoo!ファイナンスで仮想通貨の売買を開始

8月30日、米Yahoo!ファイナンスはビットコイン(BTC)とイーサリアム(ETH)、ライトコイン(LTC)、ビットコインキャッシュ(BCH)の売買を自社プラットフォームで開始した。

対象の通貨を選択すると、利用する仮想通貨取引所(CoinbaseやRobinfood)を選択して売買する仕組みである。

大手ポータルサイトで仮想通貨を購入できるようになることで、仮想通貨が広く普及することも意識されやすくなるだろう。

■個別通貨の動き

ビットコイン(BTC)
8月1日の852,000円から31日は774,000円となり、10%減となった。本命とされていたビットコインETFの上場に関する可否判断が延期されたり、他のETFが却下されたりなどのニュースの影響で、14日に668,000円まで下落したものの、下旬にかけて好材料を受け価格は上昇傾向であった。

イーサリアム(ETH)
1日の47,000円から31日は31,000円となり、34%減となった。15日に8月の最安値28,000円を記録したが、いくつかのICOプロジェクトにおいて計10万ETHが売りに出されたことが要因とみられている。

リップル(XRP)
1日の48円から31日は37円となり23%減となった。ビットコインの値動きと連動し、8月の最安値は14日ごろ、価格は30円程度まで下がったものの、下旬にかけて上昇した。

ビットコインキャッシュ(BCH)
1日の85,000円から31日は60,000円となり、30%減となった。8月15日に8月の底値56,000円をマークし、価格の横ばいが続いている。

DOGECOIN(DOGE)
1日の0.36円から31日は0.43円と19%増となった。DOGEとイーサリアムネットワークの間にブリッジを作り、イーサリアムチェーン上でDOGEを送付できるようになると発表したことが、市場に好材料と判断された。8月30日に価格が急騰し、31日にかけて0.29円から0.43円まで48%の増加を見せた。

キャッシュ(QASH)
1日の25円から31日は24円となり、4%減となった。8月15日ごろに8月の底値15円を記録したが、8月24日にQASHを発行するQUOINE社が、LIQUID(リキッド)プラットフォームのローンチを発表したことをきっかけに価格が急騰し、9時間で34%増となった。

LIQUIDとは、QUOINE社が運営する仮想通貨取引所QUOINEXとQRYPTOSを統合した新しい取引プラットフォームである。世界最大級の流動性を持てるとしており、個人投資家の期待が集まっていた。

リスク(LISK)
1日の490円から31日は510円となり、4%プラスとなった。8月29日にハードフォークを実施するという好材料があり、25日には580円まで価格が上昇した。

■9月の展望

9月の仮想通貨において最も注目が集まるのは、9月30日が期限とされている、CBOEが申請しているビットコインETFの可否判断である。ビットコインETFの上場申請が可決されれば、大きく価格が上昇することが見込まれる。また、申請が否決されると値下がりは必至だ。米SECからどのようなアクション出るか注目したい。

■総括

8月は仮想通貨市場全体が弱気の相場であったが、後半に好材料が集まり、価格は上昇傾向にある。

値動きを見ると、アルトコインよりもビットコインに資金が流入しているようだ。

9月はビットコインETFの可否判断が出るため、大きく価格が動くことが予想される。

最新情報を常にチェックし、予測を立てていただきたい。

-----------------

その他の細かな情報・展望は、ブログの方でも詳しく綴っているので、「株師孔明の株&仮想通貨ブログ」と検索し、目を通して頂ければ幸いである。

最新のテーマ株や注目している仮想通貨などもブログにて多数紹介中。
ビットコイン、イーサリアム、リップル、ライトコイン、ビットコインキャッシュ、ネム、HERO、ICO、人工知能(AI)関連銘柄、防衛関連銘柄、EV関連銘柄、フィンテック関連銘柄、トランプ関連銘柄、ドローン関連銘柄、VR関連銘柄、リチウムイオン電池関連銘柄、IoT関連銘柄、ブロックチェーン関連銘柄、東京オリンピック関連銘柄、VR関連銘柄、自動運転関連銘柄、仮想通貨関連銘柄、ビットコイン関連銘柄など。

興味をもたれた投資家の諸兄姉に目を通して頂き役立てて頂ければ幸いである。
----

執筆者名:株師孔明
ブログ名:株師孔明の株&仮想通貨ブログ
ツイッター:@kabusikoumei

<HT>

fisco

不動産売却の完全マニュアル

【2018年版】不動産一括査定20サイトを徹底比較!
【2018年版】不動産一括査定20サイトを徹底比較!
【無料】満足度90%超!ソニーグループの不動産売却サービス
【無料】満足度90%超!ソニーグループの不動産売却サービス

初心者向け「FX」「株」の記事まとめ

楽天ポイントやdポイントを無駄にしていませんか? ポイントを投資に有効活用
2019年の為替相場を予想する上で注目したい5つの点
月5000円の金利収入も メキシコペソのスワップポイント比較
楽天ポイント投資を徹底解説 初心者におすすめの始め方は?
  • ポイントで投資できるクレジットカードを紹介!
  • 金利7%超のメキシコペソはブームになるか 特徴と取扱FX会社を紹介
  • 当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

    ABJマーク

    ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号6091713号)です。

    当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

    ABJマーク

    ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号6091713号)です。

    小学館雑誌定期購読小学館のプライバシーステートメント問い合わせ広告掲載について

    © Shogakukan Inc. 2018 . All rights reserved. No reproduction or republication without written permission. 掲載の記事・写真・イラスト等のすべてのコンテンツの無断複写・転載を禁じます。