マネーポストWEB「マネーポスト」公式サイト

FiscoNews

【注目トピックス 日本株】テクノスJPN Research Memo(7):今後は「デジタルトランスフォーメーション」が追い風に

2018年9月6日 15:37

■テクノスジャパン<3666>の業界環境

市場調査会社である(株)アイ・ティ・アールによれば、国内ERP市場の2016年度の売上金額は、前年度比9.3%増の約809億円と堅調な伸びとなった。大企業を中心に基幹システムの再構築が進みつつあることが背景にある。2017年度もERPへの投資が順調に続いていることから、同11.7%増の伸びを予測している(2018年3月発表)。特に、クラウドでの提供(SaaS)あるいはパッケージ運用(IaaS)といったクラウドERPが急速に拡大する傾向にある。また、SAPの次世代型ERPシステム「S/4HANA」※が、マイグレーション(入れ替え)案件を含めて需要創出に寄与することから、今後も堅調な成長を維持していくものと予想される。

※デジタルビジネスのためのリアルタイム ERPスイート製品。インメモリープラットフォームである SAP HANAを基盤として構築され、SAP Fioriによりパーソナライズされた消費者向けのユーザーエクスペリエンスを提供する。クラウドまたはオンプレミスで導入可能であり、業種や事業規模にかかわらず、様々な業務部門で利用できるプラットフォームである。

また、同社が第2の柱として注力しているビッグデータ事業を取り巻く環境も極めて良好である。特に、国内生産人口及び消費人口が減少を続けるなか、日本企業の成長を支えるためには生産性の向上が不可欠であり、ITシステムによる効率化(ビッグデータの活用を含む)がこれまで以上に重要視されている。また、グローバルではIoTやAI、ブロックチェーン等の新しいデジタル技術が続々と生まれ、従来のビジネスや産業構造そのものを変革する「デジタルトランスフォーメーション」の勢いが加速している。したがって、ビッグデータ(データの集積及び管理、解析)や最新デジタル技術(IoTやAI、ブロックチェーン)への投資は今後さらに拡大していくことが予想されており、それらを組み合わせたスマートビジネス(スマートファクトリー等)にも注目が集まっている。

(執筆:フィスコ客員アナリスト 柴田 郁夫)

<MH>

fisco

不動産売却の完全マニュアル

【2018年版】不動産一括査定20サイトを徹底比較!
【2018年版】不動産一括査定20サイトを徹底比較!
【無料】満足度90%超!ソニーグループの不動産売却サービス
【無料】満足度90%超!ソニーグループの不動産売却サービス

初心者向け「FX」「株」の記事まとめ

ほったらかしFXで月22万円稼ぐサラリーマンの投資法
クレカの「ポイント」で始める投資 対象クレジットカードとそれぞれの特徴を紹介
“ほったらかしFX”の元祖「トラリピ」を徹底解説 トレーダーへの取材で魅力を再発見
ロボアドバイザー投資 超基礎編 特徴や代表的な会社を紹介

カードローンQ&A

  • 即日融資とは?即日融資は本当に即日に融資をしてもらえるの?
  • 金利7%超のメキシコペソはブームになるか 特徴と取扱FX会社を紹介
  • 当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

    当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

    小学館雑誌定期購読小学館のプライバシーステートメント問い合わせ広告掲載について

    © Shogakukan Inc. 2018 . All rights reserved. No reproduction or republication without written permission. 掲載の記事・写真・イラスト等のすべてのコンテンツの無断複写・転載を禁じます。