マネーポストWEB「マネーポスト」公式サイト

FiscoNews

【ビットコインニュース】近鉄グループ、デジタル地域通貨「近鉄ハルカスコイン」の実証実験を開始【フィスコ・ビットコインニュース】

2018年9月10日 16:28

近畿・東海の主要都市と観光地を結ぶ鉄道事業を主力とする近鉄グループホールディングス<9041>は、三菱総合研究所<3636>らと組み、ブロックチェーン技術を活用した、スマートフォンによる新しい購買システムとして、デジタル地域通貨「近鉄ハルカスコイン」の実証実験を開始することを7日付で発表した。この実験は昨年9月1日からの実施に続く第二弾となり、来年度中に本格的な運用を目指すとみられている。

実験実施期間は10月1日~12月10日までで、近鉄百貨店 あべのハルカス近鉄本店、ハルカス300(展望台)、あべのハルカス美術館など約400店舗で実験を行うという。近鉄のカード「KIPSカード」会員のうち、希望者が実験に参加できるようだ。現在、公式ホームページにて実験参加者を募集している。

実験参加者は、店内に設置されたQRコードをスマホで読み取るだけで決済が完了する。利用者同士でコインをやりとりできるほか、参加店舗は利用者の客層や購入データを分析し、販促に役立てられるという。

同グループの事業開発部課長である藤田一人氏は、昨年10月、日経新聞のインタビューで、デジタル地域通貨の実証実験について「これまでは鉄道のインフラを広げることで沿線を発展させてきた。今後は鉄道を利用する住民や勤労者を金融インフラで活性化させたい」と意欲を明かしている。

1回目の実証実験では、「仮想通貨を知らなかった」と答えた人が約9割だったものの、「支払い操作が簡単」、「今後も使ってみたい」と答えた人が、いずれも85%を超えていた。今回の実験により、デジタル地域通貨の本格的な運用につながるか、注目される。

<HH>

fisco

不動産売却の完全マニュアル

【2018年版】不動産一括査定20サイトを徹底比較!
【2018年版】不動産一括査定20サイトを徹底比較!
【無料】全国1,600社以上・最大10社に一括査定できる不動産売却サービス
【無料】全国1,600社以上・最大10社に一括査定できる不動産売却サービス

初心者向け「FX」「株」の記事まとめ

ほったらかしFXで月22万円稼ぐサラリーマンの投資法
クレカの「ポイント」で始める投資 対象クレジットカードとそれぞれの特徴を紹介
“ほったらかしFX”の元祖「トラリピ」を徹底解説 トレーダーへの取材で魅力を再発見
ロボアドバイザー投資 超基礎編 特徴や代表的な会社を紹介

カードローンQ&A

  • 即日融資とは?即日融資は本当に即日に融資をしてもらえるの?
  • 金利7%超のメキシコペソはブームになるか 特徴と取扱FX会社を紹介
  • 当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

    当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

    小学館雑誌定期購読小学館のプライバシーステートメント問い合わせ広告掲載について

    © Shogakukan Inc. 2018 . All rights reserved. No reproduction or republication without written permission. 掲載の記事・写真・イラスト等のすべてのコンテンツの無断複写・転載を禁じます。