マネーポストWEB「マネーポスト」公式サイト

FiscoNews

【注目トピックス 市況・概況】後場に注目すべき3つのポイント~買い戻し主導で盛り上がり欠く

2018年9月11日 12:37

11日の後場の取引では以下の3つのポイントに注目したい。

・日経平均は大幅続伸、買い戻し主導で盛り上がり欠く
・ドル・円はしっかり、買い一巡後は失速
・値上がり寄与トップはファーストリテ<9983>、同2位はソフトバンクG<9984>

■日経平均は大幅続伸、買い戻し主導で盛り上がり欠く

日経平均は大幅続伸。222.43円高の22595.52円(出来高概算6億7000万株)で前場の取引を終えている。

週明け10日の米国市場でNYダウは59ドル安と続落した。米中貿易摩擦を巡る懸念が相場の重しとなった。一方、ナスダック総合株価指数は5日ぶりに反発し、アドバンスト・マイクロ・デバイス(AMD)が9%を超える上昇となるなど半導体関連株が買われた。円相場も米国の追加利上げ観測を背景に1ドル=111円台前半と弱含みで推移しており、本日の日経平均は米半導体株高や円安を好感して96円高からスタートした。台風21号や北海道胆振東部地震の被害に関して復旧が進んでいること、自民党総裁選を巡り政策期待が高まりつつあることも買い戻しを誘い、前場の日経平均は22614.87円(241.78円高)まで上昇する場面があった。

個別では、任天堂<7974>、ソフトバンクG<9984>、ソニー<6758>、トヨタ自<7203>などが堅調。ファーストリテ<9983>は2%超上昇し、日経平均を約50円押し上げた。東海カーボ<5301>も4%超高と上げ目立つ。米同業の買収を発表したルネサス<6723>は商いを伴って急伸した。また、決算が好感されたライクKN<6065>などが東証1部上昇率上位に顔を出した。一方、大株主が保有株売却を発表したヤフー<4689>などが軟調で、村田製<6981>や太陽誘電<6976>といった電子部品関連の下げが目立つ。トランプ米大統領による米アップルへの圧力などが懸念材料となっているようだ。また、太陽光発電の買い取り価格に関する報道が嫌気されたレノバ<9519>、融資書類改ざん問題に揺れるTATERU<1435>などが東証1部下落率上位に顔を出した。セクターでは、医薬品、石油・石炭製品、食料品などが上昇率上位。半面、鉄鋼、水産・農林業、建設業などが下落率上位だった。

日経平均は200円以上の上昇で、22400円台に位置していた25日、75日、200日移動平均線を一気に上抜けする格好となった。ただ、前引け時点の東証1部売買代金は1兆円を下回っており、商いは盛り上がりを欠く。前週はトランプ米政権の通商問題を巡る強硬姿勢や相次ぐ災害を受けて大きく売られる場面があり、本日の上昇も短期筋の買い戻しによるものとの印象が強い。米中貿易摩擦の激化や今後の日米協議に対する懸念は根強く、主力輸出株を中心に新規の買いはなお手掛けづらい状況だろう。日経平均も22000円台後半では戻り待ちの売りが出やすいと考えられる。

新興市場ではマザーズ指数や日経ジャスダック平均が反落しており、やはり個人投資家のマインドも改善しているとは言いがたい。ただ、東証1部のライクKNと同様に、ジャスダックではフライングG<3317>やテラ<2191>が個別材料を手掛かりに値を飛ばしている。日経平均の方向感がつかみにくいだけに、個人投資家の物色は中小型の材料株に向かいやすいだろう。

■ドル・円はしっかり、買い一巡後は失速

11日午前の東京外為市場でドル・円はしっかり。足元の高値を上抜けたことで弾みがつ
き、111円半ばまで強含んだ。

アジア市場は日経平均株価の堅調地合いを背景に円売りが強まり、ドルは111円付近で寄り付いた後は底堅い値動きに。その後、ドルは7日と10日の高値である111円25銭付近を上抜け、ストップロスを巻き込んで111円47銭まで上昇。

ランチタイムの日経平均先物は堅調となり、目先の日本株高を意識した円売りの流れ。ただ、上海総合指数は下げに転じ、円売りは失速した。またドルは111円50銭付近に観測される売り圧力に押される展開で、目先は上値の重さが意識されよう。

ここまでの取引レンジは、ドル・円は111円07銭から111円47銭、ユーロ・円は128円79銭から129円22銭、ユーロ・ドルは1.1577ドルから1.1599ドルで推移した。

■後場のチェック銘柄

・フライングガーデン<3317>、ぱど<4833>、2銘柄がストップ高

※一時ストップ高・安(気配値)を含みます

・値上がり寄与トップはファーストリテ<9983>、同2位はソフトバンクG<9984>

■経済指標・要人発言

【要人発言】

・世耕経産相

「日米通商協議(FFR)については交渉中だが、実施するなら日米首脳会談前」

「日米の貿易に対する考え方に違いはあるが、どう協議を進めるか知恵を出し合う」

【経済指標】

・日・8月マネーストックM3:前年比+2.5%(予想:+2.6%、7月:+2.6%)

☆後場の注目スケジュール☆

<国内>
・13:30 7月第3次産業活動指数(前月比予想:+0.1%、6月:-0.5%)

<海外>
特になし

<HH>

fisco

不動産売却の完全マニュアル

【2018年版】不動産一括査定20サイトを徹底比較!
【2018年版】不動産一括査定20サイトを徹底比較!
【無料】満足度90%超!ソニーグループの不動産売却サービス
【無料】満足度90%超!ソニーグループの不動産売却サービス

初心者向け「FX」「株」の記事まとめ

トルコリラ2019年の見通しをトルコ人アナリストが徹底予想
楽天ポイントやdポイントを無駄にしていませんか? ポイントを投資に有効活用
月5000円の金利収入も メキシコペソのスワップポイント比較
楽天ポイント投資を徹底解説 初心者におすすめの始め方は?
  • ポイントで投資できるクレジットカードを紹介!
  • 金利7%超のメキシコペソはブームになるか 特徴と取扱FX会社を紹介
  • 当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

    ABJマーク

    ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号6091713号)です。

    当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

    ABJマーク

    ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号6091713号)です。

    小学館雑誌定期購読小学館のプライバシーステートメント問い合わせ広告掲載について

    © Shogakukan Inc. 2018 . All rights reserved. No reproduction or republication without written permission. 掲載の記事・写真・イラスト等のすべてのコンテンツの無断複写・転載を禁じます。