マネーポストWEB「マネーポスト」公式サイト

FiscoNews

【注目トピックス 市況・概況】15日の米国市場ダイジェスト:ダウは390ドル安、中国経済への懸念や原油安を嫌気

2016年1月18日 7:21

■NY株式:ダウは390ドル安、中国経済への懸念や原油安を嫌気

NYダウ       ナスダック
終値 :15988.08  終値 :4488.42
前日比:-390.97   前日比:-126.59
始値 :16354.33  始値 :4464.37
高値 :16354.33  高値 :4520.45
安値 :15842.11  安値 :4419.41

15日の米国株式相場は下落。ダウ平均は390.97ドル安の15988.08、ナスダックは126.59ポイント安の4488.42で取引を終了した。中国の12月銀行融資額が予想を下振れ、同国経済への先行き懸念が一段と強まった。アジアや欧州株式相場が下落した流れを受け、米国株も寄付きから大きく下落した。軟調な12月小売売上高が嫌気されたほか、原油相場も30ドルを割り込む大幅下落となったことも投資家心理を悪化させ、終日軟調推移となった。ダウは最大で537ドル安となる場面もあった。セクター別では全面安となり、特に半導体・半導体製造装置や銀行の下落が目立った。

半導体のインテル(INTC)は決算内容が嫌気され、下落。シティ・グループ(C)は予想を上回る決算を発表したものの、新興国へのエクスポージャーが大きいことが嫌気され下落。ウェルズ・ファーゴ(WFC)やJPモルガン(JPM)などの大手行も売られた。複合企業のゼネラル・エレクトリック(GE)は中国の海爾集団(ハイアール・グループ)に対する家電部門の売却合意を発表したが、下落。小売のウォルマート(WMT)は不採算店舗269店の閉鎖を発表し、軟調推移となった。

1月18日(月)はキング牧師誕生日の祝日で米国株式市場は休場となる。三連休を前にポジションを手仕舞う動きが広がったことも、本日の下落の一因と考えられる。

Horiko Capital Management LLC

■NY為替:ドル・円は116円97銭、低調な米国経済指標で追加利上げ観測後退

15日のニューヨーク外為市場でドル・円は、117円34銭から116円51銭まで下落し116円97銭で引けた。米12月小売売上高で国内総生産(GDP)算出に使用されるコア小売が予想外に減少したほか、2015年通年では景気後退時2009年以来の低い伸びに留まったこと。また、1月NY連銀製造業景気指数も景気後退時の2009年3月来で最低となったことを受けて、追加利上げ観測が後退しドル売りが加速。さらに、原油価格が再び30ドルを割り込み、世界経済の景気後退入り懸念が強まり、リスク回避の円買いも加速した。

ユーロ・ドルは、1.0907ドルから1.0985ドルまで上昇し、1.0914ドルへ戻して引けた。米国債券利回りの低下に伴うドル売りが優勢となった。ユーロ・円は、128円24銭から127円62銭へ下落した。ポンド・ドルは、1.4363ドルから1.4252ドルへ下落。ドル・スイスは、1.0042フランから0.9958フランへ下落した。

■NY原油:反落で29.42ドル、中国、イランの需給絡みの思惑から売り強まる

NY原油は反落(NYMEX原油2月限終値:29.42↓1.78)。29.96ドルから29.13ドルまで下落した。中国の12月新規融資の伸び鈍化を受けて、景気の先行き不安から原油の需要後退懸念が浮上。一方、対イラン制裁解除が間近となり、増産見通しから供給過剰感が高まるとの懸念も広がり、原油の売りが一段と強まった。

終盤に米ベーカー・ヒューズ社が国内の石油掘削装置(リグ)稼働数を発表。前週比1基減の515基にとどまったが(減少は4週連続)、それ以降は下げ渋りになり、買い戻し優勢気味になった。

■主要米国企業の終値

銘柄名⇒終値⇒前日比(騰落率)

バンクオブアメリカ(BAC)  14.44ドル -0.555ドル(-3.70%)
モルガン・スタンレー(MS) 25.95ドル -1.200ドル(-4.42%)
ゴールドマン・サックス(GS)155.64ドル -5.750ドル(-3.56%)
インテル(INTC)      29.76ドル -2.980ドル(-9.10%)
アップル(AAPL)      97.05ドル -2.470ドル(-2.48%)
アルファベット(GOOG)   710.49ドル -20.90ドル(-2.86%)
フェイスブック(FB)    94.97ドル -3.400ドル(-3.46%)
キャタピラー(CAT)     59.87ドル -1.630ドル(-3.82%)
アルコア(AA)       6.91ドル -0.335ドル(-4.63%)
ウォルマート(WMT)     61.93ドル -1.130ドル(-1.79%)
スプリント(S)       2.88ドル -0.315ドル(-9.87%)

<NO>

fisco

「マネーポストFX」の注目記事

半年の最大損失が約6万円なのに、取引全自動で稼ぎは50万円以上のFX
取引全自動のFXシストレ 5万円元手に1か月で8万円稼いだ実力
忙しくてもFX自動売買で1000万円儲けたトレーダー
40代投資家 「守り」を意識した売買で5000万円突破
相場観ゼロでもFXで1000万円稼ぐ方法とは
  • 約1年で140万円の儲け 暴れ馬ポンドで稼いだFXシストレ
  • 年間利回り10%以上も可能 海外銘柄で配当投資を始める方法
  • 2017年夏号(6月1日発売号)

    大特集は〈ただならぬ大化け株 総力発掘50〉。藤野英人氏が見出した「次世代テーマ株」や、戸松信博氏、藤井英敏氏らが注目する爆騰期待の個別株をランキング形式で紹介。橘玲氏、森永卓郎氏らによる連載も充実。定価620円。お早めにお求めください。

    当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

     日頃、雑誌『マネーポスト』をご愛読いただきまして誠にありがとうございます。このたび、『マネーポスト』は2017年夏号(2017年6月1日発売号)をもって、当サイトに完全移行・統合することとなりました。
     これまでのご愛顧に心から感謝いたしますとともに、「マネーポストWEB」も同様にお引き立ていただければ幸いです。

    2017年夏号(6月1日発売号)

    大特集は〈ただならぬ大化け株 総力発掘50〉。藤野英人氏が見出した「次世代テーマ株」や、戸松信博氏、藤井英敏氏らが注目する爆騰期待の個別株をランキング形式で紹介。橘玲氏、森永卓郎氏らによる連載も充実。定価620円。お早めにお求めください。

    当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

    小学館雑誌定期購読小学館のプライバシーステートメント問い合わせ広告掲載について

    © Shogakukan Inc. 2017 . All rights reserved. No reproduction or republication without written permission. 掲載の記事・写真・イラスト等のすべてのコンテンツの無断複写・転載を禁じます。