マネーポストWEB「マネーポスト」公式サイト

FiscoNews

【注目トピックス 経済総合】増益率の差が日米欧株価の差、SMBC日興証券(花田浩菜)

2018年9月12日 11:46

こんにちは、フィスコリサーチレポーター花田浩菜の「SMBC日興証券の気になるレポート」です。

9/12付の「DailyOutlook」では、日米欧株価について考察しているのでご紹介します。

まず同レポートでは、『日米欧の株価(日本はTOPIX、米国はS&P500、欧州はSTOXX600)が二極化している。日欧株が米株に比べて軟調な動きを示しており、5月中旬以降に違いは一段とはっきりしてきた。その結果、米株の今期予想PER(9/10時点IBES予想)は18.1倍と高く、日欧株は13.1倍、14.4倍と低迷する。バリュエーションの差は以前からあったが、足元でかい離が大きくなってきた。この背景のひとつに世界を相手取った米通商交渉が日欧に不利、との見方が考えられる』と伝えています。

続けて、各国企業の今期予想EPS増益率の違いを挙げ、『国内上場企業の同増益率が4.5%、欧州企業が7.9%と一桁増益予想だが、米企業は23.1%と二桁増益予想になっており、その差が株価に反映されているのではないか。ただし、国内企業は4-6月期決算が好調にもかかわらず、通期増益率の上方修正は限定的だった。QUICKやロイターの調査による企業景況感は足元で上向いていることから、7-9月期の決算発表以降で通期増益率の上方修正が予想されよう』と分析しています。

さらに、『今は控えめな日本株のPERであるが、その際には増益率に伴って上昇し、株価を持ち上げることが期待される』とまとめています。

最後にレポートでは、『日米欧の株価比較』を紹介しています。詳しくは9/12付の「DailyOutlook」をご覧になってみてください。

また、面白いレポートを発見したらご紹介しますね。

花田浩菜の「気になるレポート」は各種レポートを花田浩菜の見解で注目し、コメントしています。レポート発行人との見解とは異なる場合があります。詳細は発行人のレポートを御確認くださいませ。

フィスコリサーチレポーター花田浩菜

<ST>

fisco

不動産売却の完全マニュアル

【2018年版】不動産一括査定20サイトを徹底比較!
【2018年版】不動産一括査定20サイトを徹底比較!
【無料】全国1,600社以上・最大10社に一括査定できる不動産売却サービス
【無料】全国1,600社以上・最大10社に一括査定できる不動産売却サービス

初心者向け「FX」「株」の記事まとめ

ほったらかしFXで月22万円稼ぐサラリーマンの投資法
クレカの「ポイント」で始める投資 対象クレジットカードとそれぞれの特徴を紹介
“ほったらかしFX”の元祖「トラリピ」を徹底解説 トレーダーへの取材で魅力を再発見
ロボアドバイザー投資 超基礎編 特徴や代表的な会社を紹介

カードローンQ&A

  • 即日融資とは?即日融資は本当に即日に融資をしてもらえるの?
  • 金利7%超のメキシコペソはブームになるか 特徴と取扱FX会社を紹介
  • 当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

    当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

    小学館雑誌定期購読小学館のプライバシーステートメント問い合わせ広告掲載について

    © Shogakukan Inc. 2018 . All rights reserved. No reproduction or republication without written permission. 掲載の記事・写真・イラスト等のすべてのコンテンツの無断複写・転載を禁じます。