マネーポストWEB「マネーポスト」公式サイト

FiscoNews

【相場概況】日経平均は続伸、円安やNAFTA合意好感し連日でバブル後高値

2018年10月1日 16:15

日経平均は続伸。28日の米国市場でNYダウは18ドル高と小幅ながら続伸し、為替市場ではリスク選好の円売り・ドル買いが続き1ドル=113円台後半まで円安が進んだ。名実ともに下期相場入りした本日の日経平均は円安を好感して53円高からスタートすると、米国とカナダが北米自由貿易協定(NAFTA)を巡る再交渉で合意したと伝わったこともあり、堅調な展開となった。前場には一時24306.54円(前週末比186.50円高)まで上昇し、バブル経済崩壊以来およそ27年ぶりとなる高値を連日で記録した。

大引けの日経平均は前週末比125.72円高の24245.76円となった。終値ベースでも1月23日に付けていた年初来高値を更新した。東証1部の売買高は12億1087万株、売買代金は2兆4411億円だった。業種別では、鉱業、卸売業、繊維製品が上昇率上位だった。一方、陸運業、空運業、非鉄金属が下落率上位だった。

個別では、任天堂<7974>、ファーストリテ<9983>、東エレク<8035>、三菱UFJ<8306>、キーエンス<6861>などが堅調。東海カーボ<5301>、安川電<6506>は4%高と上げが目立った。取引時間中に業績予想の上方修正と増配、自己株式の消却を発表した伊藤忠<8001>は商いを伴って7%近い上昇。一部報道を受けてGMOPG<3769>などキャッシュレス決済関連銘柄も賑わった。また、ランビジネス<8944>やオプティム<3694>はストップ高水準で取引を終えた。一方、ソフトバンクG<9984>、ソニー<6758>、トヨタ自<7203>などがさえない。利益確定売り優勢となった武田薬<4502>、ブレーキ検査などで新たに不正が見つかったSUBARU<7270>は2%超下落した。レーティング引き下げ観測のアイシン精機
<7259>なども下げ目立つ。また、公募増資実施を発表したアジアパイル<5288>などが東証1部下落率上位に顔を出した。

<HK>

fisco

不動産売却の完全マニュアル

【2018年版】不動産一括査定20サイトを徹底比較!
【2018年版】不動産一括査定20サイトを徹底比較!
【無料】満足度90%超!ソニーグループの不動産売却サービス
【無料】満足度90%超!ソニーグループの不動産売却サービス

初心者向け「FX」「株」の記事まとめ

ポイント投資サービスが続々登場 厳選5社を比較・解説
金利7.75%メキシコペソをトルコリラなど他高金利通貨と比較
“ほったらかしFX”の元祖「トラリピ」を徹底解説 トレーダーへの取材で魅力を再発見
ロボアドバイザー投資 超基礎編 特徴や代表的な会社を紹介
  • ポイントで投資できるクレジットカードを紹介!
  • 金利7%超のメキシコペソはブームになるか 特徴と取扱FX会社を紹介
  • 当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

    当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

    小学館雑誌定期購読小学館のプライバシーステートメント問い合わせ広告掲載について

    © Shogakukan Inc. 2018 . All rights reserved. No reproduction or republication without written permission. 掲載の記事・写真・イラスト等のすべてのコンテンツの無断複写・転載を禁じます。