マネーポストWEB「マネーポスト」公式サイト

FiscoNews

【注目トピックス 市況・概況】銘柄を絞ってのタイミング待ちに【クロージング】

2018年10月2日 16:06

2日の日経平均は小幅に続伸。24.86円高の24270.62円(出来高概算14億7000万株)で取引を終えた。北米自由貿易協定(NAFTA)再交渉の合意や良好な経済指標を背景としたNYダウの上昇の流れを受けてインデックス主導の上昇となり、日経平均は一時24448.07円まで上げ幅を拡大させる局面もみられた。しかし、24500円に接近する中で利益確定の流れも出やすく、前引けにかけて急速に値を消す展開に。後場は再びプラス圏を回復して始まったが、前日終値を挟んでのこう着感の強い相場展開となっている。

東証1部の騰落銘柄は値上がり数が1000を超えており、全体の過半数を占めている。セクターでは原油相場の上昇を背景に石油石炭、鉱業が強い動きをみせたほか、ゴム製品、非鉄金属が堅調。また、ノーベル医学・生理学賞の受賞を受けて、小野薬品工業<4528>など医薬品の一角がしっかりだった。一方で、不動産、情報通信、空運、水産農林が冴えない。指数インパクトの大きいところでは、ファナック<6954>がけん引する半面、ソフトバンクG<9984>、ファーストリテ<9983>が重石に。

日経平均は底堅い値動きをみせたほか、東証1部の値上がり数も過半数を占めているなど、高値警戒感が強まる中では堅調な相場展開といったところであろう。しかし、マザーズ指数は2%の下落、JASDAQも下落するなど、中小型株には利益確定の流れが強まっており、センチメントを暗くさせている。東証1部はインデックス主導となるが、中小型株は個人主体となるなか、これといった材料がないものの、大きく値を崩す銘柄もみられている。超値がさのALBERT<3906>などに資金が集中している影響との見方もあるようだが、こう着局面では利食いが出やすい需給状況といったところである。とはいえ、材料の出た銘柄への資金流入もみられており、過熱感が警戒されているなかでは銘柄を絞ってのタイミング待ちになりそうだ。

<AK>

fisco

不動産売却の完全マニュアル

【2018年版】不動産一括査定20サイトを徹底比較!
【2018年版】不動産一括査定20サイトを徹底比較!
【無料】満足度90%超!ソニーグループの不動産売却サービス
【無料】満足度90%超!ソニーグループの不動産売却サービス

初心者向け「FX」「株」の記事まとめ

ポイント投資サービスが続々登場 厳選5社を比較・解説
金利7.75%メキシコペソをトルコリラなど他高金利通貨と比較
“ほったらかしFX”の元祖「トラリピ」を徹底解説 トレーダーへの取材で魅力を再発見
ロボアドバイザー投資 超基礎編 特徴や代表的な会社を紹介
  • ポイントで投資できるクレジットカードを紹介!
  • 金利7%超のメキシコペソはブームになるか 特徴と取扱FX会社を紹介
  • 当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

    当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

    小学館雑誌定期購読小学館のプライバシーステートメント問い合わせ広告掲載について

    © Shogakukan Inc. 2018 . All rights reserved. No reproduction or republication without written permission. 掲載の記事・写真・イラスト等のすべてのコンテンツの無断複写・転載を禁じます。