マネーポストWEB「マネーポスト」公式サイト

FiscoNews

【オープニングコメント】ややディフェンシブ寄りにシフトか

2018年10月3日 8:35

 3日の日本株市場は、こう着感の強い相場展開になりそうだ。2日の米国市場では投資家心理の改善からNYダウが最高値を更新する一方で、ナスダックやS&P500が下落している。
不安定なハイテク株についてもインテルが3%を超える上昇となる半面、アドバンスト・マイクロデバイス(AMD)が7%を超える下げとなり、手掛けづらくさせそうだ。シカゴ日経225先物清算値は大阪比50円安の24230円。円相場は1ドル113円60銭台と、前日からはやや円高に推移している。

 日経平均は短期的な過熱警戒感から売り買いが交錯しやすいほか、足元ではインデックス売買が主導しており、昨日も前引けにかけて急速に値を下げる局面もみられている。インデックスに絡んだ売買で振らされやすい需給状況であり、物色対象もややディフェンシブ寄りにシフトしやすいだろう。

 もっとも、第4次安倍改造内閣が発足し、初入閣は12人で、安倍政権では第1次内閣を含めて最多となった。今後は安定政権のもと、経済対策等への思惑が相場の下支えとして意識されることになりそうだ。また、昨日はインデックス主導の中で日経平均はプラスをキープしたが、マザーズ指数は2%の下落、JASDAQも下落するなど、中小型株には利益確定の流れが強まっており、センチメントを暗くさせている。

 中小型株は個人主体となるなか、これといった材料がないものの、大きく値を崩す銘柄もみられている。値がさのALBERT<3906>などに資金が集中している影響との見方もあるようだが、こう着局面では利食いが出やすいほか、短期筋の売り仕掛けの動きも出やすい需給状況といったところである。とはいえ、物色意欲は旺盛であり、過熱感が警戒されているなかでは銘柄を絞ってのタイミング待ちになろう。

<AK>

fisco

不動産売却の完全マニュアル

【2018年版】不動産一括査定20サイトを徹底比較!
【2018年版】不動産一括査定20サイトを徹底比較!
【無料】満足度90%超!ソニーグループの不動産売却サービス
【無料】満足度90%超!ソニーグループの不動産売却サービス

初心者向け「FX」「株」の記事まとめ

楽天ポイントやdポイントをお得に有効活用 ポイント投資を徹底解説
金利7.75%メキシコペソをトルコリラなど他高金利通貨と比較
“ほったらかしFX”の元祖「トラリピ」を徹底解説 トレーダーへの取材で魅力を再発見
ロボアドバイザー投資 超基礎編 特徴や代表的な会社を紹介
  • ポイントで投資できるクレジットカードを紹介!
  • 金利7%超のメキシコペソはブームになるか 特徴と取扱FX会社を紹介
  • 当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

    当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

    小学館雑誌定期購読小学館のプライバシーステートメント問い合わせ広告掲載について

    © Shogakukan Inc. 2018 . All rights reserved. No reproduction or republication without written permission. 掲載の記事・写真・イラスト等のすべてのコンテンツの無断複写・転載を禁じます。