マネーポストWEB「マネーポスト」公式サイト

FiscoNews

【注目トピックス 経済総合】トウモロコシは「秋高の現物呼び出し相場」となるか? サンワード貿易の松永氏(三井智映子)

2018年10月3日 16:31

こんにちは、フィスコマーケットレポーター三井智映子の「気になるレポート」です。9月30日にNAFTAの再交渉をめぐりアメリカとカナダが2国間協議で大枠合意したことが好感され、10月1日のダウ平均は3日続伸となりました。これでアメリカとカナダ、メキシコも含めたUSMCA(アメリカ・メキシコ・カナダ協定)で3ヵ国での枠組みが維持されることとなりました。

そのNAFTAの再交渉をめぐってのアメリカとカナダの妥結がトウモロコシ市場にも影響しているようです。なかでもトウモロコシの輸出に関しては、メキシコは大きな輸出先となっているようです。

そこで、今日はトウモロコシ市場についてのレポートをご紹介します。

松永さんのレポートでは、『先週末のシカゴコーンとシカゴ大豆は、四半期在庫の発表を受けて下落しました。しかし、昨夜のシカゴコーンとシカゴ大豆は、NAFTA再交渉妥結を受けて上昇しました』と伝えており、これによって『昨夜のシカゴコーンとシカゴ大豆は、先週の高値水準付近まで戻しました』と足元の値動きについて考察しています。加えて、『米中西部の降雨予想で収穫が遅れるとの観測も支援材料となった』と言及しています。

また、気になる今後の値動きについては、『今年の米国産トウモロコシの1ブッシェル当たりの生産コストが377セント付近ですので、生産コストを少し上回る水準で生産農家からの現物を市場に呼び寄せる必要があるのかもしれません』と分析しており、『米国産トウモロコシが5年連続の豊作となる見通しですが、昨年まで4年間続いた「秋高の現物呼び出し相場」を意識した値動きとなるのかもしれません』との見解を示しています。

ちなみに、「秋高の現物呼び出し相場」とは、豊作が見込まれるとハーベスト・プレッシャー(収穫による荷余り)を織り込んだ安価な価格形成になってしまうことで、農家の多くが収穫後に現物の売り渋りをして供給が減るため、価格が秋に高くなることをいいます。

参考にしてみてくださいね。

上記の詳細コメントは、ブログ「松永総研~北浜の虎と呼ばれた男~」の10月2日付の「トウモロコシ市場」にまとめられていますので、ご興味があればご覧ください。

フィスコマーケットレポーター 三井智映子

<HH>

fisco

不動産売却の完全マニュアル

【2018年版】不動産一括査定20サイトを徹底比較!
【2018年版】不動産一括査定20サイトを徹底比較!
【無料】満足度90%超!ソニーグループの不動産売却サービス
【無料】満足度90%超!ソニーグループの不動産売却サービス

初心者向け「FX」「株」の記事まとめ

ナンピンは悪手じゃない! 月5万円着実に稼ぐ話題のFXトレーダー
金利7.75%メキシコペソをトルコリラなど他高金利通貨と比較
“ほったらかしFX”の元祖「トラリピ」を徹底解説 トレーダーへの取材で魅力を再発見
ロボアドバイザー投資 超基礎編 特徴や代表的な会社を紹介
  • ポイントで投資できるクレジットカードを紹介!
  • 金利7%超のメキシコペソはブームになるか 特徴と取扱FX会社を紹介
  • 当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

    当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

    小学館雑誌定期購読小学館のプライバシーステートメント問い合わせ広告掲載について

    © Shogakukan Inc. 2018 . All rights reserved. No reproduction or republication without written permission. 掲載の記事・写真・イラスト等のすべてのコンテンツの無断複写・転載を禁じます。