マネーポストWEB「マネーポスト」公式サイト

FiscoNews

【注目トピックス 市況・概況】金融や資源、自動車株物色もリバランスの流れは脱せず【クロージング】

2018年10月4日 16:02

4日の日経平均は続落。135.34円安の23975.62円(出来高概算15億9000万株)で取引を終えた。終値で24000円を下回るのは9月27日以来、5営業日ぶり。欧州ではイタリアが19年予算で財政赤字比率を引き下げる意向を示したことで、ほぼ全面高。米国では9月のADP雇用統計やISM非製造業指数が予想を上回る良好な内容となり、終日堅調推移となった流れを受けて買いが先行。米長期金利上昇を受けて銀行や保険セクターが買われたほか、原油相場の上昇を背景に資源関連が買われた。円相場は1ドル114円台半ばで推移する中、自動車株の一角にも物色が向かう局面もみられた。しかし、医薬品などが弱含むなどリバランスの流れは脱せず、日経平均は寄り付き直後に付けた24247.82円をきょうの高値に、その後はじりじりと下押す展開に。

東証1部の騰落銘柄は値上がり数が1200を超えており、全体の過半数を占めている。セクターでは銀行、石油石炭、保険、卸売、非鉄金属、海運、ガラス土石が堅調。半面、医薬品、化学、その他製品、サービス、不動産、小売、食料品が冴えない。指数インパクトの大きいところでは、ファーストリテ<9983>、資生堂<4911>、中外製薬<4519>、TDK<6762>、KDDI<9433>、キッコーマン<2801>が重石に。

日経平均は朝高の後は、じりじりと値を下げる相場展開となった。海外の動向などを受けて金融や資源関連、自動車株などが物色されるものの、ディフェンシブ系が売られる格好となっており、リバランスの流れといったところであろう。日経平均は25日線との乖離率の大きさから過熱感が警戒されていることもあり、目先的には過熱を冷ます調整が意識されているようである。とはいえ、リバランス中心の売買でもあり、日経平均の上昇ほど過熱はしていない状況である。高値もち合いでの日柄調整が理想的であり、引き続き24000円を挟んでの底堅さが意識されてくることが望ましい。

また、中小型株も不甲斐ない動きをみせており、マザーズ指数は再び25日線までの調整をみせている。一目均衡表の雲上限での攻防をみせているが、雲は下降していることもあり、早い段階で雲から上放れる動きをみせておきたいところであろう。中小型株も一部の銘柄に資金が集中しているだけに、物色対象に広がりをみせられるかが注目される。

<AK>

fisco

不動産売却の完全マニュアル

【2018年版】不動産一括査定20サイトを徹底比較!
【2018年版】不動産一括査定20サイトを徹底比較!
【無料】満足度90%超!ソニーグループの不動産売却サービス
【無料】満足度90%超!ソニーグループの不動産売却サービス

初心者向け「FX」「株」の記事まとめ

ポイント投資サービスが続々登場 厳選5社を比較・解説
金利7.75%メキシコペソをトルコリラなど他高金利通貨と比較
“ほったらかしFX”の元祖「トラリピ」を徹底解説 トレーダーへの取材で魅力を再発見
ロボアドバイザー投資 超基礎編 特徴や代表的な会社を紹介
  • ポイントで投資できるクレジットカードを紹介!
  • 金利7%超のメキシコペソはブームになるか 特徴と取扱FX会社を紹介
  • 当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

    当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

    小学館雑誌定期購読小学館のプライバシーステートメント問い合わせ広告掲載について

    © Shogakukan Inc. 2018 . All rights reserved. No reproduction or republication without written permission. 掲載の記事・写真・イラスト等のすべてのコンテンツの無断複写・転載を禁じます。