マネーポストWEB「マネーポスト」公式サイト

FiscoNews

【注目トピックス 市況・概況】迫りくる危機~投資の学校(高井ひろえ)

2018年10月4日 18:05

こんにちは、フィスコマーケットレポーター高井ひろえの「投資の学校の気になるレポート」です。投資の学校プレミアムの専属講師である矢口新先生のコラムについて興味深い記事を見つけましたのでご紹介いたします。

さて、本日ご紹介するコラムでは、矢口先生が『迫りくる危機』という記事で、リーマンショック後から世界はどう動いているのかを考えています。

まず、『マクロ経済に与えるトップ10のリスク』という質問に対して、『サイバーリスク、地政学リスク、新規性の影響、米連銀の金融政策』などの回答があり、欧米のメディアが注目しているということを説明しました。そして特に米連銀の金融政策が懸念される理由について解説しています。ポイントは『企業の債務残高』です。『先進国はGDP比90%台で推移しており、リーマンショックの時とほぼ同じ水準』であり、『新興国についてはリーマンショックの時60%と低かったのに、現在は100%超え。中国にいたっては、160%にまで拡大しています』と説明。『もし、この状態で、アメリカが利上げをしたり、ドル高が起こった場合は、これらの債務を返済できなくなる可能性が高まるのです』と市場の大混乱に繋がる可能性について言及しています。

一方、アメリカにも懸念事項があることも伝えます。『アメリカの債務残高は、一般家庭・企業とも絶対額や対GDP比でも過去最大を更新しました』とのこと。『さらに、企業債務について見てみると、
投資不適格とジャンク級の残高は増えているうえに、投資適格の中で最下級のトリプルBの比率も過去最大となりました』。つまり、『投資家や銀行のポートフォリオの質も悪くなっているのです』と説明。最後に、『アメリカの本当の実力が試されるのは、これからのはずです』と締めくくっています。

足元(10月4日現在)でNYダウが過去最高値を更新するなど強い相場が続いていますが、矢口先生のようなリスクを指摘する向きもあります。例えば、S&P500種株価指数が9月中に上昇している一方で、S&P小型株600種指数は下落しており、その両指数の値動きの開きは約4年ぶりの大きさになっているとの声がきかれています。この出来事のあとには相場が急落する傾向があったため、予兆として注目されています。また、欧米のヘッジファンドの決算期が11月に多いことからも、9月、10月に急落が起きやすいという説明もあります。注意をしながら取引をしていきたいですね。

上記の記事の詳細コメントは、株式会社ファイナンシャルインテリジェンスが運営している「投資の学校プレミアム」の9月20日付のコラムである『迫りくる危機』にまとめられていますので、ご興味があればご覧ください。

高井ひろえの「気になるレポート」は各種レポートを高井ひろえの見解で注目し、コメントしています。レポート発行人との見解とは異なる場合がありますので、ご留意くださいませ。

フィスコマーケットレポーター 高井ひろえ

<HT>

fisco

不動産売却の完全マニュアル

【2018年版】不動産一括査定20サイトを徹底比較!
【2018年版】不動産一括査定20サイトを徹底比較!
【無料】満足度90%超!ソニーグループの不動産売却サービス
【無料】満足度90%超!ソニーグループの不動産売却サービス

初心者向け「FX」「株」の記事まとめ

ポイント投資サービスが続々登場 厳選5社を比較・解説
金利7.75%メキシコペソをトルコリラなど他高金利通貨と比較
“ほったらかしFX”の元祖「トラリピ」を徹底解説 トレーダーへの取材で魅力を再発見
ロボアドバイザー投資 超基礎編 特徴や代表的な会社を紹介
  • ポイントで投資できるクレジットカードを紹介!
  • 金利7%超のメキシコペソはブームになるか 特徴と取扱FX会社を紹介
  • 当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

    当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

    小学館雑誌定期購読小学館のプライバシーステートメント問い合わせ広告掲載について

    © Shogakukan Inc. 2018 . All rights reserved. No reproduction or republication without written permission. 掲載の記事・写真・イラスト等のすべてのコンテンツの無断複写・転載を禁じます。