マネーポストWEB「マネーポスト」公式サイト

FiscoNews

【注目トピックス 日本株】シノケンG Research Memo(8):事業規模拡大とともに財務体質の改善が進む

2018年10月4日 17:04

■シノケングループ<8909>の業績動向

3. 財務状況と経営指標
2018年12月期第2四半期末の財務状況を見ると、総資産は前期末比4,778百万円増加の95,750百万円となった。主な増減要因を見ると、流動資産では不動産事業支出金(マンション開発・用地)が2,488百万円減少したものの、現預金が5,668百万円増加したほか、アパート販売の受注拡大に伴い販売用不動産(アパート用地)が1,894百万円増加した。なお、販売用不動産については90%が契約済みのもので、残り10%が販売中の物件となっている。契約済みの物件でもアパートローンの否認等により3割程度のキャンセルが発生する可能性はあるが、仮にキャンセルになったとしても別の投資家への販売が可能なため、棚卸資産評価損が発生することはほとんどない。

負債合計は前期末比875百万円増加の65,457百万円となった。アパート販売用の土地取得等を目的とした借入金の増加が主因で、有利子負債は前期末比1,478百万円増加の49,999百万円と増加傾向が続いた。また、純資産は前期末比3,903百万円増加の30,293百万円となった。配当金の支払544百万円があった一方で、親会社株主に帰属する四半期純利益4,207百万円を計上したことによる。

財務の健全性を示す自己資本比率については、前期末の29.0%から31.4%と2.4ポイント上昇した。また、ネットD/Eレシオ((有利子負債-現預金)÷自己資本)も前期末の0.9倍から0.7倍に低下しており、収益拡大が続くなかで財務体質の改善も着実に進んでいると判断される。なお、有利子負債が増加しているが、これは事業規模の拡大に伴う資金需要の増加に伴うもので、財務の健全性において問題のない水準にあると判断される。

(執筆:フィスコ客員アナリスト 佐藤 譲)

<SF>

fisco

不動産売却の完全マニュアル

【2018年版】不動産一括査定20サイトを徹底比較!
【2018年版】不動産一括査定20サイトを徹底比較!
【無料】満足度90%超!ソニーグループの不動産売却サービス
【無料】満足度90%超!ソニーグループの不動産売却サービス

初心者向け「FX」「株」の記事まとめ

ポイント投資サービスが続々登場 厳選5社を比較・解説
金利7.75%メキシコペソをトルコリラなど他高金利通貨と比較
“ほったらかしFX”の元祖「トラリピ」を徹底解説 トレーダーへの取材で魅力を再発見
ロボアドバイザー投資 超基礎編 特徴や代表的な会社を紹介
  • ポイントで投資できるクレジットカードを紹介!
  • 金利7%超のメキシコペソはブームになるか 特徴と取扱FX会社を紹介
  • 当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

    当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

    小学館雑誌定期購読小学館のプライバシーステートメント問い合わせ広告掲載について

    © Shogakukan Inc. 2018 . All rights reserved. No reproduction or republication without written permission. 掲載の記事・写真・イラスト等のすべてのコンテンツの無断複写・転載を禁じます。