マネーポストWEB「マネーポスト」公式サイト

FiscoNews

【ビットコインニュース】ビットコインのPoWは効率化できる=IBMリサーチ【フィスコ・ビットコインニュース】

2018年10月4日 20:58

ビットコインやその他多数の仮想通貨において取引承認を行うための合意形成メカニズムであるであるプルーフ・オブ・ワーク(Proof of Work、PoW)について、より効率化できるとコンピューター関連製品およびサービス提供企業大手IBMの研究開発部門であるIBM基礎研究所が発表した。

プルーフ・オブ・ワークにおいては、取引の承認作業(マイニング)を行うためにマイナーと呼ばれる取引承認者が高性能コンピューターを駆使して膨大な量の計算作業を行う必要がある。このため、多大な電力を消費することが指摘されてきた。

こうした中でIBM基礎研究所は昨日、PoWをIoT(モノのインターネット化)のユースケースに適応してネット接続されたデバイス内でブロックチェーンのノードを走らせるケースにおいて、ブロックチェーンのエネルギー効率、スケーラビリティ、セキュリティの面における「スイート・スポット」(最高の結果をもたらす領域)を見つけたと発表した。

IBM基礎研究所はエネルギー効率性を高める解決策として、PoWにおいてはネットワーク上のすべてのノードがマイニングに従事しているというわけではない点に着目した。同研究所の解決策は、ネットワーク内のノードをグループ分けし、セキュリティ上必要なパワーと各グループの電力の量に応じて、ネットワークのセキュリティを維持するにはどのグループがどの程度マイニング作業を行うべきかをアルゴリズムが決定する。

現状では、例えばビットコインの場合、マイニングはすべてのノードが公平な条件の下で、同様の計算作業を行って競争し合いながら行われる。しかし、すべてのノードがマイニングを行わずとも、アルゴリズムが決定したノードのみがマイニングを行うことでセキュリティを維持しながら電力を節約するという案だ。

<SI>

fisco

不動産売却の完全マニュアル

【2018年版】不動産一括査定20サイトを徹底比較!
【2018年版】不動産一括査定20サイトを徹底比較!
【無料】満足度90%超!ソニーグループの不動産売却サービス
【無料】満足度90%超!ソニーグループの不動産売却サービス

初心者向け「FX」「株」の記事まとめ

楽天ポイントやdポイントをお得に有効活用 ポイント投資を徹底解説
金利7.75%メキシコペソをトルコリラなど他高金利通貨と比較
“ほったらかしFX”の元祖「トラリピ」を徹底解説 トレーダーへの取材で魅力を再発見
ロボアドバイザー投資 超基礎編 特徴や代表的な会社を紹介
  • ポイントで投資できるクレジットカードを紹介!
  • 金利7%超のメキシコペソはブームになるか 特徴と取扱FX会社を紹介
  • 当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

    当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

    小学館雑誌定期購読小学館のプライバシーステートメント問い合わせ広告掲載について

    © Shogakukan Inc. 2018 . All rights reserved. No reproduction or republication without written permission. 掲載の記事・写真・イラスト等のすべてのコンテンツの無断複写・転載を禁じます。