マネーポストWEB「マネーポスト」公式サイト

FiscoNews

【ビットコインニュース】米証券TDアメリトレード、仮想通貨取引所に参入【フィスコ・ビットコインニュース】

2018年10月5日 4:55

 米国のオンライン証券会社、TDアメリトレードは3日、ビットコインの現物、先物取引を供給する取引所ErisXへの戦略投資計画を発表した。高頻度取引で有名なトレーディング会社、Virtu financialも仮想通貨取引所への出資を検討しているという。

TDアメリトレードは運用資産1.2兆ドル規模の証券会社で、口座数は1100万に達している。

同社の先物・為替部門のマネージングダイレクター、マッケンジー氏は、相場が膠着している中、「顧客は変動の激しいデジタル通貨商品をポートフォリオに含む方法を引き続き探している、取引への要望が絶えない」と、CNBCに語った。「我々は完璧に規制され、資本市場の感覚が得られるプラットフォームを探している」とした。

ビットコインへの需要は昨年12月ほどではないにしても、依然見られると指摘。「我々は顧客のデジタル通貨商品取引へのアクセスへの要望に応えたい」と加えた。

ErisXは引き続き規制当局の承認待ち。この商品の特徴は先物とビットコイン商品現物、相互のアクセスが可能になること。ErisXはビットコイン、ビットコインキャッシュ、イーサリアム、ライトコインのトレーディング、預金、引き出しを支援。

相場が低迷しているにもかかわらず、大小問わず米国証券会社の仮想通貨ビジネスへの参入意欲が目立つ。機関投資家の参入期待も根強く、仮想通貨ビットコインは4日、底堅い展開で、前日比2.04%高、6500ドル台を回復した。

<KY>

fisco

不動産売却の完全マニュアル

【2018年版】不動産一括査定20サイトを徹底比較!
【2018年版】不動産一括査定20サイトを徹底比較!
【無料】満足度90%超!ソニーグループの不動産売却サービス
【無料】満足度90%超!ソニーグループの不動産売却サービス

初心者向け「FX」「株」の記事まとめ

ポイント投資サービスが続々登場 厳選5社を比較・解説
金利7.75%メキシコペソをトルコリラなど他高金利通貨と比較
“ほったらかしFX”の元祖「トラリピ」を徹底解説 トレーダーへの取材で魅力を再発見
ロボアドバイザー投資 超基礎編 特徴や代表的な会社を紹介
  • ポイントで投資できるクレジットカードを紹介!
  • 金利7%超のメキシコペソはブームになるか 特徴と取扱FX会社を紹介
  • 当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

    当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

    小学館雑誌定期購読小学館のプライバシーステートメント問い合わせ広告掲載について

    © Shogakukan Inc. 2018 . All rights reserved. No reproduction or republication without written permission. 掲載の記事・写真・イラスト等のすべてのコンテンツの無断複写・転載を禁じます。