マネーポストWEB「マネーポスト」公式サイト

FiscoNews

【注目トピックス 市況・概況】今日の為替市場ポイント:9月米雇用統計発表前で主要通貨の取引は動意薄となる可能性

2018年10月5日 8:37

4日のドル・円相場は、東京市場では114円55銭から114円22銭まで下落。欧米市場でドルは114円39銭から113円63銭税まで反落し、113円94銭で取引を終えた。

本日5日のドル・円は、主に113円台後半で推移か。欧米株安を嫌気したリスク回避の円買いは一巡しつつある。日本時間夜に9月米雇用統計の発表を控えていることから、アジア市場における主要通貨の為替取引は動意薄の状態が続く可能性がある。

4日のニューヨーク市場で米10年債利回りは一時3.23%まで上昇したが、欧米株安を意識して長期債利回りの上昇は一服した。市場関係者の間では、米10年債利回りは3%近辺が下限となり、中期的に4%レベルを目指して緩やかに上昇していくとの見方が浮上している。これに伴い、米国債イールドカーブ(利回り曲線)の平坦化はおおむね終了し、今後は2年−10年、10年−30年などのタームにおける利回り格差は少しずつ拡大していく(スティープニング)との声も聞かれている。

5日発表の9月米雇用統計で、非農業部門雇用者数や平均時給が市場予想を上回った場合、米長期債利回りは再上昇する可能性があるが、米国株式が小幅な下げにとどまった場合、2年債と10年債の利回り格差は拡大し、ドルは主要通貨に対して全面高となる可能性がある。

<CS>

fisco

不動産売却の完全マニュアル

【2018年版】不動産一括査定20サイトを徹底比較!
【2018年版】不動産一括査定20サイトを徹底比較!
【無料】満足度90%超!ソニーグループの不動産売却サービス
【無料】満足度90%超!ソニーグループの不動産売却サービス

初心者向け「FX」「株」の記事まとめ

ポイント投資サービスが続々登場 厳選5社を比較・解説
金利7.75%メキシコペソをトルコリラなど他高金利通貨と比較
“ほったらかしFX”の元祖「トラリピ」を徹底解説 トレーダーへの取材で魅力を再発見
ロボアドバイザー投資 超基礎編 特徴や代表的な会社を紹介
  • ポイントで投資できるクレジットカードを紹介!
  • 金利7%超のメキシコペソはブームになるか 特徴と取扱FX会社を紹介
  • 当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

    当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

    小学館雑誌定期購読小学館のプライバシーステートメント問い合わせ広告掲載について

    © Shogakukan Inc. 2018 . All rights reserved. No reproduction or republication without written permission. 掲載の記事・写真・イラスト等のすべてのコンテンツの無断複写・転載を禁じます。