マネーポストWEB「マネーポスト」公式サイト

FiscoNews

【注目トピックス 市況・概況】注目銘柄ダイジェスト(前場):Ciメディカル、佐鳥電機、ユニファミマなど

2018年10月5日 12:05

ビックカメラ<3048>:1497円(-38円)
続落。前8月期営業利益は前期比24%増の270億円強になったもようとの観測報道が伝わっている。会社計画270億円は数億円上回り、2年ぶりに最高益を更新とされている。免税売上高の順調な拡大、通販サイトの好調、コジマなど子会社の業績改善などが好業績の背景に。ただ、市場コンセンサスは290億円近い水準であったため、同水準は下振れる状況となっている。また、足元でのインバウンド需要に対する先行き懸念の高まりも逆風に。

OSJBHD<5912>:313円(+7円)
大幅続伸。レオス・キャピタルワークスの保有比率が5.04%になったことが、提出された大量保有報告書で明らかになっている。中小型株投資に定評のある運用機関とされ、先行きへの期待感が高まる状況となっているもよう。また、最近では大手証券の高い格付けなども観測されているように、今後も機関投資家の本格的な投資対象になっていくとの思惑なども強まる形とみられる。

佐鳥電機<7420>:1109円(+85円)
急伸で上昇率トップ。前日に第1四半期の決算を発表、営業利益は2億円で前年同期比3.8倍と急拡大している。上半期計画は4.5億円で同17.1%増益であり、変化率の高さは想定以上との見方になっているようだ。PCおよび車載向け外資系電子部品や太陽光発電用パワーコンディショナーの販売増、ハードディスクドライブ製品の新規販売などが業績好調の要因に。

ユニファミマ<8028>:12790円(+590円)
大幅続伸で6月21日の高値を更新している。前日に上半期の業績上方修正を発表している。事業利益は従来計画の425億円から495億円に引き上げ、計画超過を見込んでいた市場予想も上回る水準になっている。ブランド転換店舗の販売好調や販売管理費の低減などを要因にコンビニ事業の好調が背景となる。想定以上の好業績に加えて、高値更新に伴う需給妙味なども株価上昇の支援となる形に。

メディシノバ<4875>:1427円(+33円)
大幅に4日ぶり反発。米食品医薬品局(FDA)がグリオブラストーマ(神経膠芽腫)を適応としてMN-166 (イブジラスト)をTMZ(テモゾロミド)との併用療法でオーファンドラッグ(希少疾患用医薬品)に指定したと発表している。オーファンドラッグに指定されると、医薬品がFDAに承認された後に7年間の排他的先発販売権が与えられたり、税制での優遇措置が受けられたりするという。

任天堂<7974>:40950円(+160円)
反発。大和証券では投資判断を「2」から「1」に格上げ、目標株価も46200円から55200円に引き上げている。楽観的なコンセンサスの下落による調整リスクは低下し、同社が持つポテンシャルへ目を向けるタイミングと判断しているもよう。「Nintendo Switch」がもたらす収益見通しの変化が株価上昇のカタリストになると考え、株価はこれまでのハードウェアサイクルとの連動から離れる可能性があるとしているようだ。

三菱UFJ<8306>:733.4円(+7.1円)
続伸。全体株安の中、メガバンクは揃って買い先行の展開になっている。米国株式市場では長期金利の急上昇懸念が強まっているものの、逆に長期金利の上昇がプラス材料となる銀行株はしっかりの展開。東京市場でもメガバンクなど金融関連株に資金がシフトする状況となっているもよう。米国では良好な経済指標やFRB議長の経済に対するタカ派的な発言が金利を押し上げているが、国内でも日銀の長期金利上昇容認観測が高まる状況に。

Ciメディカル<3540>:6120円(-860円)
大幅に5日ぶり反落。18年12月期の営業利益を従来予想の24.88億円から20.08億円(前期実績20.77億円)に下方修正している。同業者との販売価格競争や原材料価格の上昇に加え、人件費や設備投資が増加する見込み。また、25日から東証1部、または2部に市場変更する。このほか、240万株の株式売出(引受人の買取引受による売出)、24万株のオーバーアロットメントによる売出を発表している。

マクドナルド<2702>:4950円(+45円)
大幅に3日ぶり反発。9月の既存店売上高が前年同月比8.4%増になったと発表している。プラスは34ヵ月連続。伸び率は8月(2.7%増)から加速した。客数は1.0%増、客単価は7.3%増だった。9月は秋恒例の「月見バーガー」シリーズを販売。定番に加え、新たに「金の月見バーガー」、数量限定の「月光バーガー」を販売し、好評だった。デザートでは「マックフルーリー 白いブラックサンダー」などを発売している。

<ST>

fisco

不動産売却の完全マニュアル

【2018年版】不動産一括査定20サイトを徹底比較!
【2018年版】不動産一括査定20サイトを徹底比較!
【無料】満足度90%超!ソニーグループの不動産売却サービス
【無料】満足度90%超!ソニーグループの不動産売却サービス

初心者向け「FX」「株」の記事まとめ

楽天ポイントやdポイントをお得に有効活用 ポイント投資を徹底解説
金利7.75%メキシコペソをトルコリラなど他高金利通貨と比較
“ほったらかしFX”の元祖「トラリピ」を徹底解説 トレーダーへの取材で魅力を再発見
ロボアドバイザー投資 超基礎編 特徴や代表的な会社を紹介
  • ポイントで投資できるクレジットカードを紹介!
  • 金利7%超のメキシコペソはブームになるか 特徴と取扱FX会社を紹介
  • 当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

    当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

    小学館雑誌定期購読小学館のプライバシーステートメント問い合わせ広告掲載について

    © Shogakukan Inc. 2018 . All rights reserved. No reproduction or republication without written permission. 掲載の記事・写真・イラスト等のすべてのコンテンツの無断複写・転載を禁じます。