マネーポストWEB「マネーポスト」公式サイト

FiscoNews

【注目トピックス 市況・概況】安川電の動向が投資家のセンチメントに影響【クロージング】

2018年10月5日 16:09

5日の日経平均は3日続落。191.90円安の23783.72円(出来高概算14億8000万株)で取引を終えた。米国では長期金利が大幅に上昇し、10年債利回りは一時7年ぶりの高水準をつけたことが、利益確定を強める一因となる中、日本株市場も利食い優勢の展開となった。ただし、大引けで23800円を割り込んでいるものの、寄り付き直後に付けた23730.19円を安値に、その後は底堅さが意識された。

東証1部の騰落銘柄は値下り数が1500を超えており、全体の7割を占めている。セクターでは米長期金利の上昇を背景に銀行、その他金融、証券、保険といった金融セクターが堅調。電力ガス、陸運、食料品がしっかりだった。一方で、非鉄金属、化学、鉱業、金属製品、海運、石油石炭、電気機器、機械が冴えない。指数インパクトの大きいところでは、TDK<6762>、ファーストリテ<9983>、東エレク<8035>、ソフトバンクG<9984>、ファナック<6954>、資生堂<4911>、京セラ<6971>が重石となり、一方で上方修正が材料視されたユニファミマ<8028>が下支えした。

米長期金利上昇、FANGなどハイテク株安、円安一服、原油安など、外部要因の影響を受けたリバランスの商いが中心となっており、売り一巡後の底堅さをみても市場は冷静に映る。目先的な達成感のほか、中国が国慶節(建国記念日)の大型連休明けとなるため、利益確定の流れが強まりやすいタイミングでもあったとみられる。

一方で、ユニファミマが上方修正を好感して堅調な値動きをみせるなど、センチメントは悪くないだろう。来週はファーストリテ、7&iHD<3382>、ローソン<2651>、U.S.M.H<3222>、Jフロント<3086>といった小売企業の決算が予定されているほか、10日には安川電<6506>が決算を発表する予定である。安川電の動向が投資家のセンチメントに影響しそうだ。

なお、個人主体の中小型株物色であるが、マザーズ指数は2%を超える下落となり、25日線のほか、一目均衡表の雲上限を下回ってきている。シグナルが悪化傾向にある中、比較的流動性の高い東証1部などの中小型株にシフトしやすいだろう。

<AK>

fisco

不動産売却の完全マニュアル

【2018年版】不動産一括査定20サイトを徹底比較!
【2018年版】不動産一括査定20サイトを徹底比較!
【無料】満足度90%超!ソニーグループの不動産売却サービス
【無料】満足度90%超!ソニーグループの不動産売却サービス

初心者向け「FX」「株」の記事まとめ

ポイント投資サービスが続々登場 厳選5社を比較・解説
金利7.75%メキシコペソをトルコリラなど他高金利通貨と比較
“ほったらかしFX”の元祖「トラリピ」を徹底解説 トレーダーへの取材で魅力を再発見
ロボアドバイザー投資 超基礎編 特徴や代表的な会社を紹介
  • ポイントで投資できるクレジットカードを紹介!
  • 金利7%超のメキシコペソはブームになるか 特徴と取扱FX会社を紹介
  • 当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

    当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

    小学館雑誌定期購読小学館のプライバシーステートメント問い合わせ広告掲載について

    © Shogakukan Inc. 2018 . All rights reserved. No reproduction or republication without written permission. 掲載の記事・写真・イラスト等のすべてのコンテンツの無断複写・転載を禁じます。