マネーポストWEB「マネーポスト」公式サイト

FiscoNews

【注目トピックス 日本株】日本トリム Research Memo(7):2019年3月期は前期比9.4%の増収、同32.6%の営業増益を見込む

2018年10月5日 15:07

■日本トリム<6788>の今後の見通し

● 2019年3月期予想
(1) 2019年3月期の業績予想
2019年3月期は、売上高が前期比9.4%増の15,340百万円、営業利益を同32.6%増の2,130百万円、経常利益を同20.7%増の2,030百万円、親会社株主に帰属する当期純利益を同2.4%増の1,210百万円とした。

6月の電解水素水整水器の売上高は月間過去最高を記録
(2) 事業別予想
ウォーターヘルスケア事業は、売上高を前期比8.5%増の14,157百万円、営業利益を同25.2%増の2,040百万円と予想している。整水器の売上高は前期比10.3%増の8,087百万円を見込む。販売チャネル別の増減率は、職域販売が10.7%増、取付・紹介販売が6.2%増、店頭催事販売が5.3%増、卸・OEMが27.6%増、アフターが1.0%増としている。

2019年3月期第1四半期におけるウォーターヘルスケア事業の売上高は前年同期比16.0%増の3,964百万円、営業利益は同14.8%増の798百万円となった。売上高、利益とも会社想定を上回った。整水器の月次売上高動向は、2018年4月に前月の期末キャンペーンの影響を受けたものの、6月に月間売上高で過去最高を記録した。6月はキャンペーンによる押し上げ効果があったが、全体として成長トレンドに復帰したとみている。チャンネル別では、直販ルートが好調であるが、卸・OEMは苦戦している。営業段階では、下期のための仕込みをかけている。

同社は、2年連続して「健康経営優良法人~ホワイト500~」に認定されている。職域販売において、健康経営提案による自動車ディーラーでの172台の導入が従業員向け展開につながり、計500台以上の実績を上げた。まずは健康経営を重視する企業に売り込み、職場で電解水素水の飲用を習慣化した社員に広げるBtoBからCへ展開する販売手法が形となりつつある。

高機能・高価格の新製品「トリムイオン GRACE」の構成比は、60%程度と大きな変化はない。並行販売している従来機の「トリムイオン HYPER」と比べ、金型の償却負担や新規の部品コストなどから製造原価率が高い。ネガティブキャンペーン以前のウォーターヘルスケア事業の売上高営業利益率は20%前後であったが、2019年3月期は前期よりも改善するものの14.4%を予想している。累計生産台数が増加するにつれ、習熟度が高まり、コストダウンが進むだろう。

カートリッジの売上高は、前期比3.7%の増加を見込んでいる。前期の機器販売が落ち込んだことを反映していると思われるが、例年よりも抑えた予想となっている。

海外事業では、中国が前期の急成長の後、15.8%の伸び率を見込んでいる。一方、増産に当たって品質管理を強化したインドネシアは、増収率が前期の8.5%から22.8%へ拡大する予想になっている。

医療関連事業は、売上高が同20.5%増の1,183百万円、営業利益が90百万円と黒字転換を見込んでいる。持分法適用の中国の病院事業は、先行投資期間のため2019年3月期も180百万円の損失と赤字が続く前提となっている。それを勘案して、予想経常利益は営業利益よりも100百万円少ない額としている。

(執筆:フィスコ客員アナリスト 瀬川 健)

<MH>

fisco

不動産売却の完全マニュアル

【2018年版】不動産一括査定20サイトを徹底比較!
【2018年版】不動産一括査定20サイトを徹底比較!
【無料】満足度90%超!ソニーグループの不動産売却サービス
【無料】満足度90%超!ソニーグループの不動産売却サービス

初心者向け「FX」「株」の記事まとめ

楽天ポイントやdポイントをお得に有効活用 ポイント投資を徹底解説
金利7.75%メキシコペソをトルコリラなど他高金利通貨と比較
“ほったらかしFX”の元祖「トラリピ」を徹底解説 トレーダーへの取材で魅力を再発見
ロボアドバイザー投資 超基礎編 特徴や代表的な会社を紹介
  • ポイントで投資できるクレジットカードを紹介!
  • 金利7%超のメキシコペソはブームになるか 特徴と取扱FX会社を紹介
  • 当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

    当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

    小学館雑誌定期購読小学館のプライバシーステートメント問い合わせ広告掲載について

    © Shogakukan Inc. 2018 . All rights reserved. No reproduction or republication without written permission. 掲載の記事・写真・イラスト等のすべてのコンテンツの無断複写・転載を禁じます。