マネーポストWEB「マネーポスト」公式サイト

FiscoNews

【注目トピックス 市況・概況】欧米為替見通し:ドル・円は上げ渋りか、米雇用統計後の長期金利・株価動向にらみ

2018年10月5日 17:25

5日の欧米外為市場では、ドル・円は上げ渋る展開を予想したい。イタリア財政政策への過度の懸念が後退するなか、米国の9月雇用統計を受け長期金利や株価が落ち着けば円買いは後退しよう。ただ、引き続き米中関係の対立が懸念され、ドル・円の重しになりそうだ。

前日は米10年債利回りが2011年以来の高水準となって対欧州通貨などでドル買いを誘発したものの、長期金利の急上昇を嫌気した株式市場では売りが優勢となり、ドル・円は114円を割り込む展開となった。一方、ドル独歩高を背景にトルコリラなど新興国通貨の下げが目立ち、安全資産買いの流れで米10年債利回りは徐々に低下するなど、やや不安定な動きがみられた。本日のアジア市場では、日経平均株価の軟調地合いがある程度織り込まれていたため、円買いはそれほど強まらず、ドル・円の下げは限定的となった。また、イタリア財政懸念がやや後退し、ユーロ売りもいったん収束したようだ。

こうしたなか、今晩は21時半発表の米国の9月雇用統計が注目される。市場予想は、非農業部門雇用者数が前月比+18.5万人(8月+20.1万人)、失業率は3.8%(8月3.9%)、平均賃金は前年比+2.8%(8月+2.9%)。前回は2001年以来の低水準となったU6失業率がさらに低下すれば、潜在的な失業者の減少で消費のすそ野が広がり、景気拡大への寄与が見込まれる。雇用統計を受け長期金利や株価が落ち着いた動きをみせれば、ドル買い・円売り基調に戻るだろう。反面、中国によるマイクロチップを使った米国企業へのハッキング行為が前日から問題視されており、通商摩擦に発展するとの思惑が円買いにつながる可能性もある。(吉池 威)

【今日の欧米市場の予定】
・21:30 米・9月非農業部門雇用者数(予想:+18.5万人、8月:+20.1万人)
・21:30 米・9月失業率(予想:3.8%、8月:3.9%)
・21:30 米・9月平均時給(前年比予想:+2.8%、8月:+2.9%)
・21:30 米・8月貿易収支(予想:-536億ドル、7月:-501億ドル)
・21:30 カナダ・9月失業率(予想:5.9%、8月:6.0%)
・21:30 カナダ・8月貿易収支(予想:-5億加ドル、7月:-1.1億加ドル)
・01:30 カプラン米ダラス連銀総裁質疑応答
・01:40 ボスティック米アトランタ連銀総裁講演(金融教育関連会合)
・04:00 米・8月消費者信用残高(予想:+150億ドル、7月:+166.4億ドル)

<FA>

fisco

不動産売却の完全マニュアル

【2018年版】不動産一括査定20サイトを徹底比較!
【2018年版】不動産一括査定20サイトを徹底比較!
【無料】満足度90%超!ソニーグループの不動産売却サービス
【無料】満足度90%超!ソニーグループの不動産売却サービス

初心者向け「FX」「株」の記事まとめ

ナンピンは悪手じゃない! 月5万円着実に稼ぐ話題のFXトレーダー
金利7.75%メキシコペソをトルコリラなど他高金利通貨と比較
“ほったらかしFX”の元祖「トラリピ」を徹底解説 トレーダーへの取材で魅力を再発見
ロボアドバイザー投資 超基礎編 特徴や代表的な会社を紹介
  • ポイントで投資できるクレジットカードを紹介!
  • 金利7%超のメキシコペソはブームになるか 特徴と取扱FX会社を紹介
  • 当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

    当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

    小学館雑誌定期購読小学館のプライバシーステートメント問い合わせ広告掲載について

    © Shogakukan Inc. 2018 . All rights reserved. No reproduction or republication without written permission. 掲載の記事・写真・イラスト等のすべてのコンテンツの無断複写・転載を禁じます。