マネーポストWEB「マネーポスト」公式サイト

FiscoNews

【注目トピックス 日本株】サカタインクス Research Memo(3):印刷インキ事業主力で環境配慮型高機能・高付加価値製品に強み

2018年10月5日 17:08

■サカタインクス<4633>の事業概要

1. 印刷インキ事業を主力にグローバル展開
印刷インキ事業は、日本・アジア・北米及び欧州の各市場向けに、紙媒体用インキ(新聞印刷用の新聞インキ、書籍・雑誌・カタログ・ポスター・チラシ・伝票など各種商業印刷物印刷用のオフセットインキ)、及びパッケージ用インキ(段ボールや紙器などパッケージ印刷用のフレキソインキ、食品・化粧品・トイレタリー製品・日用品などフィルムパッケージ印刷用のグラビアインキ、飲料缶など金属缶印刷用のメタルインキ)を製造・販売している。

印刷関連機材事業は主として日本市場向けに、CTP(Computer to Plate)セッター、CTP版、インクジェットプルーファー、インクジェットプルーフ用紙、編集用ソフトウェア、カラーマネジメントシステム、インキディスペンサーなどの印刷製版用材料や印刷関連機器を仕入・販売している。

機能性材料事業は、日本・アジア・北米及び欧州の各市場向けに、デジタル印刷材料(大型出力物やテキスタイルなどに使用される産業用インクジェットインキ、レーザープリンターや複合機に使用されるカラートナー・モノクロトナー)、画像表示材料(カラーフィルター用顔料分散液)及び、機能性コーティング剤を製造・販売している。

その他事業は主として日本市場向けに、化成品等販売事業(阪田産業(株))、ディスプレイ関連事業(サカタラボステーション(株))及び、色彩関連機材事業(サカタインクスエンジニアリング(株))などを行っている。

主力の印刷インキ事業及び機能性材料事業は、グローバル展開加速と各地域特性に応じた製品戦略推進、環境配慮型高機能・高付加価値製品拡販による数量増で、収益拡大を目指している。

なお連結決算における報告セグメントは、印刷インキ・機材(日本)、印刷インキ(アジア)、印刷インキ(北米)、印刷インキ(欧州)、機能性材料、その他事業としている。

2. 世界3位の大手印刷インキメーカー
売上高ランキングで見ると、同社は世界3位(出典:INK WORLD「The 2017 Top International Ink Companies Report」2018.8.1)の大手印刷インキメーカーである。

3. 環境配慮型製品の開発力・品揃え、製品の信頼性・品質力が強み
1896年創業以来、120年以上の歴史の中で培われた環境配慮型の高機能・高付加価値製品の開発力・品揃え、製品の高い信頼性・品質力を強みとしている。

環境配慮型高機能・高付加価値製品の品揃えは、エコマーク(公益財団法人日本環境協会が運営する環境ラベリング制度)に認定されたインキ、印刷インキ工業連合会が定めた定義・基準に準拠して高沸点石油系溶剤を各種植物油(大豆油など)に置き換えた植物油インキ、構成成分中の高沸点石油系溶剤を1%未満に抑えたノンVOCインキ、植物由来材料の中で特に米ぬか油由来成分を含有したライスインキ、有機溶剤のトルエン含有量を0.3%未満にしたノントルエンインキ、MEK(メチルエチルケトン)も使用しないノントルエン・ノンMEKインキ、水性でありながら高い性能を有する水性フレキソインキなど豊富である。

新聞インキでは自然の色・鮮やかな発色性を求め、色再現範囲の拡大・網点再現性の向上・ドットゲインの最適化によって高紙面品質を追求した高発色性インキ「ニュースウェブマスター エコピュア」(エコマーク認定)を開発し、高評価を得ている。また、カラー紙面の高品質化や、新聞製作システムの上流から下流までの、色に関する管理を行うカラーマネジメントシステムの技術力と実績が、新聞社から大きな信頼を得ている。

オフセットインキでは、業界に先駆けて環境に配慮した製品の市場導入を図り、高速オフ輪インキや枚葉インキなど多様なニーズに対応できるインキを始め、近年普及が進む高感度UV印刷機に対応した紫外線硬化型UVインキ「ドリームキュア」シリーズの展開も進めている。

パッケージ用インキの分野では、業界に先駆けて早くから開発を始めた段ボール用水性フレキソインキで国内市場シェア1位を誇り、製紙業界に機能性コーティング剤など多様な新技術を提供している。

食品包装などに使用されるフィルムパッケージ印刷用グラビアインキや、段ボール・紙器に使用されるパッケージ印刷用フレキソインキでも、環境に配慮した高性能・高品質なインキを提供している。

特に、植物由来成分を含む「ボタニカルインキ」は2016年末から展開を始め、大手コンビニエンスストアのPB商品のパッケージに採用されるなど好評を得ている。さらに「ボタニカルインキ」シリーズとして新たに、紙袋用途向け水性フレキソインキ「エコプラータ」や紙器カートン用途向け水性グラビアインキ「エコピーノ」を上市するなど、ラインアップ充実を進めている。なお「ボタニカルインキ」が使用された印刷物には、同社が商標登録した独自のロゴマークを印刷することができる。

また印刷方式や基材にとらわれず、パッケージのサプライチェーン全体で、世界共通の色見本「PANTONE」カラーの正確なコミュニケーションを可能にする米Pantone LLC提供の「Pantone LIVETM」の認定パートナーとなった。これまでは米国子会社が認定パートナーとなっていたが、グループ会社全体が認定パートナーとなった。

4. 市場拡大・開拓余地の大きい環境配慮型高機能製品が高シェア
国内・海外とも、ミドルレンジ以上の環境配慮型高機能・高付加価値製品を主力として展開し、各市場で高シェアを誇っている。環境配慮型高機能・高付加価値製品の分野は、世界的に地球環境問題への取り組みを強化する流れも背景として、市場拡大余地そして市場開拓余地が大きい。

紙媒体用インキの分野では、新聞インキ及び雑誌・パンフレット用などのオフセットインキで、いずれも環境配慮型製品の比率がほぼ100%に達している。またパッケージ用インキ分野の市場シェアは、段ボールや紙器などパッケージ印刷用フレキソインキが国内1位、食品・日用品などフィルムパッケージ印刷用グラビアインキが国内2位、飲料缶など金属缶印刷用メタルインキが世界1位と高シェアを誇っている。

5. アジアと北米が収益柱に成長
2017年12月期連結売上高は157,302百万円で、セグメント別売上高(連結調整前)構成比は印刷インキ・機材(日本)が33.4%、印刷インキ(アジア)が18.4%、印刷インキ(北米)が26.4%、印刷インキ(欧州)が5.3%、機能性材料が6.9%、その他が9.6%だった。2017年12月期営業利益は8,573百万円で、セグメント別営業利益(連結調整前)構成比は、印刷インキ・機材(日本)が28.4%、印刷インキ(アジア)が29.5%、印刷インキ(北米)が23.0%、印刷インキ(欧州)が0.3%、機能性材料が14.3%、その他が4.4%だった。

グローバル展開の加速や環境配慮型高機能・高付加価値製品の拡販によって、市場拡大・開拓余地の大きいアジアと北米が収益柱に成長している。

6. リスク要因
収益に影響するリスク要因としては、原材料市況の変動、グローバル展開に伴う為替換算影響などがある。特に原材料に関しては大半を石油化学製品に依存しているため、原油価格や為替相場に異常な変動が生じた場合には、販売価格改定がタイムラグとなって業績に影響を及ぼす可能性がある。

こうしたリスク要因に対して、販売価格改定による適正化を進めるとともに、植物由来材料を使用した製品へのシフトや生産性向上などのコストダウン策によって、原材料市況上昇の影響を軽減させる取り組みを推進している。

(執筆:フィスコ客員アナリスト 水田雅展)

<SF>

fisco

不動産売却の完全マニュアル

【2018年版】不動産一括査定20サイトを徹底比較!
【2018年版】不動産一括査定20サイトを徹底比較!
【無料】満足度90%超!ソニーグループの不動産売却サービス
【無料】満足度90%超!ソニーグループの不動産売却サービス

初心者向け「FX」「株」の記事まとめ

ポイント投資サービスが続々登場 厳選5社を比較・解説
金利7.75%メキシコペソをトルコリラなど他高金利通貨と比較
“ほったらかしFX”の元祖「トラリピ」を徹底解説 トレーダーへの取材で魅力を再発見
ロボアドバイザー投資 超基礎編 特徴や代表的な会社を紹介
  • ポイントで投資できるクレジットカードを紹介!
  • 金利7%超のメキシコペソはブームになるか 特徴と取扱FX会社を紹介
  • 当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

    当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

    小学館雑誌定期購読小学館のプライバシーステートメント問い合わせ広告掲載について

    © Shogakukan Inc. 2018 . All rights reserved. No reproduction or republication without written permission. 掲載の記事・写真・イラスト等のすべてのコンテンツの無断複写・転載を禁じます。