マネーポストWEB「マネーポスト」公式サイト

FiscoNews

【ビットコインニュース】イエール大のバフェット、仮想通貨ファンドに投資【フィスコ・ビットコインニュース】

2018年10月6日 4:03

 イェール大学の294憶ドル規模の寄付金を運用しており、その投資成功率から「イエールのウォーレンバフェット」との異名を持つ、デービッド・スウェンセン最高投資責任者(CIO)は、仮想通貨に特化した2つのベンチャーファンドに投資を行ったという。

関係筋によると、スウェンセンのチームはアンダーセン・ホロウィッツ氏が運営するファンドと、ブロックチェーンと仮想通貨に特化した新しいファンド、パラダイムに投資したという。パラダイムはコインベースの共同創設者Ehrsam氏と、セコイアキャピタルの前パートナー、Hauang氏が開設した。

スウェンセン氏が運用を開始した1985年の資産は10億ドルだったが、現在では、ハーバード大に続く資産規模に成長。過去10年間のリターンは7.4%。20年では11.8%となる。

300億ドル近くのポートフォリオに占める仮想通貨の割合は依然小さい。しかし、数々の投資の成功で定評のあるスウェンセンチームが投資に踏み切ったことは、相場が低迷する中、仮想通貨セクターにプラス材料としてとらえられている。

<KY>

fisco

不動産売却の完全マニュアル

【2018年版】不動産一括査定20サイトを徹底比較!
【2018年版】不動産一括査定20サイトを徹底比較!
【無料】満足度90%超!ソニーグループの不動産売却サービス
【無料】満足度90%超!ソニーグループの不動産売却サービス

初心者向け「FX」「株」の記事まとめ

ポイント投資サービスが続々登場 厳選5社を比較・解説
金利7.75%メキシコペソをトルコリラなど他高金利通貨と比較
“ほったらかしFX”の元祖「トラリピ」を徹底解説 トレーダーへの取材で魅力を再発見
ロボアドバイザー投資 超基礎編 特徴や代表的な会社を紹介
  • ポイントで投資できるクレジットカードを紹介!
  • 金利7%超のメキシコペソはブームになるか 特徴と取扱FX会社を紹介
  • 当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

    当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

    小学館雑誌定期購読小学館のプライバシーステートメント問い合わせ広告掲載について

    © Shogakukan Inc. 2018 . All rights reserved. No reproduction or republication without written permission. 掲載の記事・写真・イラスト等のすべてのコンテンツの無断複写・転載を禁じます。