マネーポストWEB「マネーポスト」公式サイト

FiscoNews

【注目トピックス 市況・概況】今日の為替市場ポイント:目先的にリスク選好的なドル買い抑制も

2018年10月10日 8:35

9日のドル・円相場は、東京市場では112円93銭から113円39銭まで反発。欧米市場でドルは113円33銭から112円87銭まで反落し、112円95銭で取引を終えた。

本日10日のドル・円は、113円を挟んだ水準で推移か。米長期金利の上げ渋りを意識して、リスク選好的なドル買い・円売りは引き続き抑制される可能性がある。

国際通貨基金(IMF)は9日、2018年と2019年の世界経済見通しをいずれも3.9%から3.7%に引き下げることを発表した。貿易摩擦や金融環境の引き締まりによる影響が考慮されたようだ。具体的には、米中双方が輸入関税を発動していること、ユーロ圏や日本、英国の景気減速、アルゼンチンやブラジルなど新興市場からの資本流出などが世界経済見通しの引き下げにつながったとみられている。

ただし、米連邦準備制度理事会(FRB)は2019年も金利引き上げを継続する方針を堅持するとみられており、金融政策の運営はIMFの予想に左右されることはないだろう。一部の市場関係者は「2019年の世界経済の成長率はIMF予想の3.7%を下回る可能性がある」と指摘している。また、債券市場関係者の間からは「不確定要因が多く存在しており、米国と中国の成長見通しについては予断を許さない状況が続く」との声が聞かれている。為替については米財務省が公表する為替報告書の内容次第となりそうだが、短期的にリスク選好的なドル買いは一段と抑制される可能性がある。

<CS>

fisco

不動産売却の完全マニュアル

【2018年版】不動産一括査定20サイトを徹底比較!
【2018年版】不動産一括査定20サイトを徹底比較!
【無料】満足度90%超!ソニーグループの不動産売却サービス
【無料】満足度90%超!ソニーグループの不動産売却サービス

初心者向け「FX」「株」の記事まとめ

ナンピンは悪手じゃない! 月5万円着実に稼ぐ話題のFXトレーダー
金利7.75%メキシコペソをトルコリラなど他高金利通貨と比較
“ほったらかしFX”の元祖「トラリピ」を徹底解説 トレーダーへの取材で魅力を再発見
ロボアドバイザー投資 超基礎編 特徴や代表的な会社を紹介
  • ポイントで投資できるクレジットカードを紹介!
  • 金利7%超のメキシコペソはブームになるか 特徴と取扱FX会社を紹介
  • 当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

    当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

    小学館雑誌定期購読小学館のプライバシーステートメント問い合わせ広告掲載について

    © Shogakukan Inc. 2018 . All rights reserved. No reproduction or republication without written permission. 掲載の記事・写真・イラスト等のすべてのコンテンツの無断複写・転載を禁じます。