マネーポストWEB「マネーポスト」公式サイト

FiscoNews

【注目トピックス 経済総合】トランプ政権、中国の為替操作国認定を検討=米メディア

2018年10月10日 14:58

米財務省の高官はこのほど、同省が10月15日に発表する半期に一度の為替報告書で、中国を為替操作国に指定する可能性を示した。米ブルームバーグが10月8日に報じた。中国人民元対ドルの為替は現在、下落が続いている。

報道によると、同高官は、トランプ米政権は中国人民元の下落に注視し懸念していると述べた。また、ムニューシン財務長官が、ホワイトハウスから中国を為替操作国と認定するよう圧力を受けていると話した。

中国の為替操作国の認定は、トランプ米大統領が大統領選で掲げた公約の一つだ。米財務省は、昨年の為替報告書では認定を見送った。

中国が為替操作国に認定されると、米側の新たな貿易制裁に直面するとみられる。

米財務省の為替操作国の認定基準は、巨額の対米貿易黒字(200億ドル超過)、大幅な経常黒字(国内総生産、GDP比3%超)、持続的かつ一方的な為替介入(年間ネット為替介入額がGDPの2%超)の3項目がある。

ブルームバーグによると、過去半年間、中国人民元は対ドルで9%下落し、下げ幅としてアジア通貨のうち最も大きい。米政府は、米中貿易摩擦の激化にともない、中国当局が意図的に元安に誘導していると懸念している。

いっぽう、中国当局は7日、年内4回目となる預金準備率の引き下げを発表した。同措置によって巨額の流動性が供給されることで、元に対する下押し圧力が強まった。

ムニューシン米財務長官は7月20日、来週発表予定の為替報告書に言及した際、人民元の下落について審査すると述べていた。

(翻訳編集・張哲)

【ニュース提供・大紀元】

<US>

fisco

不動産売却の完全マニュアル

【2018年版】不動産一括査定20サイトを徹底比較!
【2018年版】不動産一括査定20サイトを徹底比較!
【無料】満足度90%超!ソニーグループの不動産売却サービス
【無料】満足度90%超!ソニーグループの不動産売却サービス

初心者向け「FX」「株」の記事まとめ

ポイント投資サービスが続々登場 厳選5社を比較・解説
金利7.75%メキシコペソをトルコリラなど他高金利通貨と比較
“ほったらかしFX”の元祖「トラリピ」を徹底解説 トレーダーへの取材で魅力を再発見
ロボアドバイザー投資 超基礎編 特徴や代表的な会社を紹介
  • ポイントで投資できるクレジットカードを紹介!
  • 金利7%超のメキシコペソはブームになるか 特徴と取扱FX会社を紹介
  • 当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

    当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

    小学館雑誌定期購読小学館のプライバシーステートメント問い合わせ広告掲載について

    © Shogakukan Inc. 2018 . All rights reserved. No reproduction or republication without written permission. 掲載の記事・写真・イラスト等のすべてのコンテンツの無断複写・転載を禁じます。