マネーポストWEB「マネーポスト」公式サイト

FiscoNews

【注目トピックス 外国株】10日の中国本土市場概況:上海総合0.2%高で続伸、鉄道建設関連に買い

2018年10月10日 16:48

10日の中国本土市場は小幅に値上がり。主要指標の上海総合指数は、前日比4.82ポイント(0.18%)高の2725.84ポイントと続伸した。上海A株指数も上昇し、5.06ポイント(0.18%)高の2854.58ポイントで取引を終えている。

中国の政策に対する期待感が相場を支える流れ。国務院は9日、「運輸構造調整3年行動計画(2018~20年)」を発表し、2020年の鉄道貨物輸送量を17年比で30%増加する目標を正式に打ち出した。これ以前にも当局は、内需の刺激に力を入れているほか、一段の輸出拡大策を導入する方針を示している。もっとも、上値は重い。中国景気の先行き不安や、米中貿易摩擦の長期化観測などが逆風だ。指数は一進一退の値動きとなっている。

業種別では、鉄道建設関連の上げが目立つ。ゼネコンの中国鉄建(601186/SH)が4.0%高、車両製造の中国中車(601766/SH)が2.3%高、建材の安徽海螺セメント(600585/SH)が1.9%高で引けた。鉄鋼株や非鉄株、建機株なども物色されている。石炭や石油、天然ガスのエネルギー株も高い。銀行株も堅調だ。

半面、消費関連株はさえない。白酒(中国の蒸留酒)メーカー最大手の貴州茅台酒(貴州マオタイ:600519/SH)が3.5%安、スーパーマーケット大手の永輝超市(601933/SH)が2.4%安と下落した。医薬株やハイテク株、不動産株、海運株なども売られている。

一方、外貨建てB株の相場はまちまち。上海B株指数が0.27ポイント(0.09%)高の285.08ポイント、深センB株指数が5.81ポイント(0.61%)安の944.12ポイントで終了した。

【亜州IR】

<FA>

fisco

不動産売却の完全マニュアル

【2018年版】不動産一括査定20サイトを徹底比較!
【2018年版】不動産一括査定20サイトを徹底比較!
【無料】満足度90%超!ソニーグループの不動産売却サービス
【無料】満足度90%超!ソニーグループの不動産売却サービス

初心者向け「FX」「株」の記事まとめ

ポイント投資サービスが続々登場 厳選5社を比較・解説
金利7.75%メキシコペソをトルコリラなど他高金利通貨と比較
“ほったらかしFX”の元祖「トラリピ」を徹底解説 トレーダーへの取材で魅力を再発見
ロボアドバイザー投資 超基礎編 特徴や代表的な会社を紹介
  • ポイントで投資できるクレジットカードを紹介!
  • 金利7%超のメキシコペソはブームになるか 特徴と取扱FX会社を紹介
  • 当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

    当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

    小学館雑誌定期購読小学館のプライバシーステートメント問い合わせ広告掲載について

    © Shogakukan Inc. 2018 . All rights reserved. No reproduction or republication without written permission. 掲載の記事・写真・イラスト等のすべてのコンテンツの無断複写・転載を禁じます。