マネーポストWEB「マネーポスト」公式サイト

FiscoNews

【相場概況】日経平均は反発、円高一服や中国株反発などで買い戻し

2018年10月12日 15:58

日経平均は反発。11日の米国市場でも不安定な相場展開が続き、NYダウは大幅続落して545ドル安となった。東京市場ではこうした流れを引き継いだほか、オプションの特別清算指数(SQ)算出に絡む売買も押し下げ要因となり、日経平均は267円安からスタートした。寄り付きを安値に下げ幅を縮めたものの、投資家の警戒感は根強く、マイナス圏でもみ合う場面が続いた。しかし、引けにかけて先物の買い戻しが進むとプラスに切り返し、上げ幅を3ケタに広げ取引を終えた。為替の円高一服や中国株の反発などが支援材料となった。

大引けの日経平均は前日比103.80円高の22694.66円となった。東証1部の売買高は16億8884万株、売買代金は3兆3416億円だった。業種別では、その他製品、機械、情報・通信業が上昇率上位だった。一方、保険業、陸運業、電気・ガス業が下落率上位だった。

個別では、ソフトバンクG<9984>や東エレク<8035>が4%超高、資生堂<4911>や東海カーボ<5301>が3%超高となった。前日に決算を受けて売られた安川電<6506>だが、本日は5%超高と急反発。SUMCO<3436>も8%超高と上げが目立った。その他売買代金上位ではファナック<6954>などが堅調で、トヨタ自<7203>やキーエンス
<6861>は小じっかり。また、好決算のコシダカHD<2157>がストップ高水準まで買われたほか、乃村工芸<9716>なども東証1部上昇率上位に顔を出した。一方、ファーストリテ<9983>は2%安。決算は好感されたものの、材料出尽くし感が強まったようだ。ユニファミマ<8028>は利益確定売り優勢で3%超安。その他売買代金上位では三菱UFJ<8306>などのメガバンク株が軟調で、ソニー<6758>もさえない。また、足元で人気化していた多木化学<4025>が急反落し、東証1部下落率トップとなった。

<HK>

fisco

不動産売却の完全マニュアル

【2018年版】不動産一括査定20サイトを徹底比較!
【2018年版】不動産一括査定20サイトを徹底比較!
【無料】満足度90%超!ソニーグループの不動産売却サービス
【無料】満足度90%超!ソニーグループの不動産売却サービス

初心者向け「FX」「株」の記事まとめ

ナンピンは悪手じゃない! 月5万円着実に稼ぐ話題のFXトレーダー
金利7.75%メキシコペソをトルコリラなど他高金利通貨と比較
“ほったらかしFX”の元祖「トラリピ」を徹底解説 トレーダーへの取材で魅力を再発見
ロボアドバイザー投資 超基礎編 特徴や代表的な会社を紹介
  • ポイントで投資できるクレジットカードを紹介!
  • 金利7%超のメキシコペソはブームになるか 特徴と取扱FX会社を紹介
  • 当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

    当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

    小学館雑誌定期購読小学館のプライバシーステートメント問い合わせ広告掲載について

    © Shogakukan Inc. 2018 . All rights reserved. No reproduction or republication without written permission. 掲載の記事・写真・イラスト等のすべてのコンテンツの無断複写・転載を禁じます。