マネーポストWEB「マネーポスト」公式サイト

FiscoNews

【注目トピックス 経済総合】中国:資金供給を拡大、春節前の需要増に対処

2016年1月22日 11:42

春節(旧正月)前の需給ひっ迫を緩和するため、中国人民銀行(中央銀行)が資金供給を拡大している。人民銀は21日、公開市場操作のリバースレポを通じて4000億人民元の資金を供給(うち、2900億人民元が28日後に、1100億人民元が7日後に売り戻す条件)。1日当たりのリバースレポ規模は、2013年2月以来、約3年ぶりの大きさとなった。
すでに人民銀行は、今月14日から資金供給を拡大している。22日付香港経済日報によると、前述したリバースレポのほか、SLO(Short-term Liquidity Operation:公開市場短期流動性調節ツール)やMLF(Medium-term Lending Facility:中期貸出ファシリティー)、国庫定期預金などを通じて1兆8625億人民元の資金を供給。これは、2度の預金準備率引き下げによる資金供給額と同等の規模で、満期を迎えた金額を差し引いても1兆4975億人民元の「資金供給超」となった。

<資金不足の規模は2兆元超か>
実際、足元の資金需給はかなりひっ迫している。民生証券は現在の資金不足額について、「2兆~2兆2000億人民元」と試算し、うち、春節前の現金需要を約1兆人民元と算出した。このほか、納税額が約4000億人民元に達するほか、今月は約6000億~8000億人民元の外貨購入残高(外貨購入に伴う人民元供給額)が減少するとの見通しを示している。

<預金準備率の引き下げには慎重>
もっとも、人民銀は預金準備率の引き下げには慎重になっている模様。資金供給が行き過ぎれば、金利や為替に圧力がかかり、資金流出が一段と加速しかねないためだ。
これについて人民銀行研究局チーフエコノミストの馬駿氏は、「預金準備率の引き下げを過度に使えば、短期金利に過度の下押し圧力が掛かる恐れがあり、資本フローや為替の安定に不利になる」と指摘。人民銀行が現在、ジレンマに陥っているとの見方を示した。

【亜州IR】

<ZN>

fisco
  • 円高? 円安? 先行き不透明な今の円相場で短期的に利益を狙う方法
  • 顧客満足度3年連続1位!餃子が大量にもらえるFX会社?
  • 2017年春号(3月1日発売号)

    大特集は〈平成ラストバブルの号砲〉。戸松信博氏、藤井英敏氏らがこれから大化け期待の個別株をランキング形式で紹介。西堀敬氏によるIPO投資の最新攻略ガイドの他、橘玲氏、森永卓郎氏らによる連載も充実。定価620円。お早めにお求めください。

    当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

    水上紀行ニュースフラッシュ

    2017年春号(3月1日発売号)

    大特集は〈平成ラストバブルの号砲〉。戸松信博氏、藤井英敏氏らがこれから大化け期待の個別株をランキング形式で紹介。西堀敬氏によるIPO投資の最新攻略ガイドの他、橘玲氏、森永卓郎氏らによる連載も充実。定価620円。お早めにお求めください。

    当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

    小学館雑誌定期購読小学館のプライバシーステートメント問い合わせ広告掲載について

    © Shogakukan Inc. 2017 . All rights reserved. No reproduction or republication without written permission. 掲載の記事・写真・イラスト等のすべてのコンテンツの無断複写・転載を禁じます。