マネーポストWEB「マネーポスト」公式サイト

FiscoNews

【注目トピックス 経済総合】一尾仁司の「虎視眈々」:堰(せき)は破られた

2016年2月12日 19:02

〇世界的株急落、円高進行、波乱続く

東京市場の休日が狙われたとも見れなくないが、イエレンFRB議長の議会証言がほぼ想定内だったことを受け、投機筋が一斉に攻勢を掛けた印象が強い。日銀が最も警戒した円高が進行、一時110.99円/ドルを付け、その後介入思惑を交え113円台に戻し、朝方は112円台半ばの攻防と目まぐるしい。115円の防衛ラインを底抜けるとチャート的なフシ目が乏しく、110円が心理的抵抗ライン、大きなフシ目は105円と見られていただけに、一気に具現化されつつある格好。当初は株売りに伴う円買戻し(円安相場では株買いに円売りヘッジを伴う)と見られていたが、その領域は既に大きく超えてしまった印象だ。

日銀のマイナス金利策の失敗との見方があるが、確かに流動性を高めた面はあるが、金融政策では効かない市場崩落と受け止める方が妥当だ。(余裕ある国の)財政出動などに焦点がシフトして来よう。

欧州金融株が最も激しく売られている。発端はドイツ銀行だったが、11日は仏ソシエテ・ジェネラルが予想下回る決算で大幅安、クレディ・スイス(年初来下落率は43%に達し、ドイツ銀の39%を上回る)なども急落し、上場来安値か、それに近い水準に多くの銀行株が売られている。

ドイツ銀はCoCo債(偶発転換社債)の利払い懸念を契機に売り込まれたが、背景には10年に買収したドイツ・ポストバンクの失敗(東芝が06年に買収したウェスチングハウスで失敗し、不正経理でカバーしようとしたのに類似)がある。評価損計上は待ったなしの状態で赤字決算が続く恐れがある。

欧州銀全体に広がったのは、ギリシャを筆頭に南欧の不良債権問題が一向に進展せず、欧州経済を底上げしてきたオイルマネーの急縮小が銀行部門の急縮小も招いている点が大きいと見られる。単純にオイルマネーが欧州株を売るだけでなく、経済・金融そのもののビジネスモデルが崩壊し掛かっていると見れる。加えて、ラストリゾートと見られたドイツの国力急低下が加わった。大量難民問題での混乱で政治体制が揺らぎ、VW不正事件、鉄道大事故など弱り目に祟り目状態。11日の下落率はドイツ株2.93%に対し、仏4.05%、イタリア5.63%、スペイン4.88%、ポルトガル4.47%。3月のECB追加緩和が予想されているが、ドイツが扱ければECBの支える力は弱いと見られている。

ウォール街の格言では「マーケットは最大限の人々を巻き込んで、最も行ってもらっては困る方向へ行く習性がある」。リーマン後の超金融緩和が流動性を大幅に高め、金融規制強化で資金の流れを歪めてきた感がある(リーマン前の金融バブルを生んだ構造が正しいとは言えないが)。

調整が米大統領が替わる前年、2000年、2008年に続き起こっているのも偶然でなかろう。ましてや次の米大統領は混沌、方向性をイメージできない状態にある。

16000円の堰(せき)を破られた日経平均は、13000~16000円ゾーンに落ちたと考えられる。中値の14500円は1990年代に下値抵抗ラインとなったところ。アベノミクスで比較的短期に突破してきたので、直近ではフシ目と見られていないようだが、抵抗力を試すと想定する。比較的短期に16000円を回復できれば、辛うじて「先進国相場」を維持していくパワーが残っていると考えられる。

なお、新たな脅威は、春節明け後の中国市場。いち早く再開した昨日の香港株は3.85%の下落。休みが長い分、下げ余地を溜めている可能性がある。生産能力調整(大規模な工場閉鎖など)が本格化する可能性が指摘されている。

出所:一尾仁司のデイリーストラテジーマガジン「虎視眈々」(2/12号)

<FA>

fisco

「マネーポストFX」の注目記事

半年の最大損失が約6万円なのに、取引全自動で稼ぎは50万円以上のFX
取引全自動のFXシストレ 5万円元手に1か月で8万円稼いだ実力
忙しくてもFX自動売買で1000万円儲けたトレーダー
40代投資家 「守り」を意識した売買で5000万円突破
相場観ゼロでもFXで1000万円稼ぐ方法とは
  • 約1年で140万円の儲け 暴れ馬ポンドで稼いだFXシストレ
  • 年間利回り10%以上も可能 海外銘柄で配当投資を始める方法
  • 2017年夏号(6月1日発売号)

    大特集は〈ただならぬ大化け株 総力発掘50〉。藤野英人氏が見出した「次世代テーマ株」や、戸松信博氏、藤井英敏氏らが注目する爆騰期待の個別株をランキング形式で紹介。橘玲氏、森永卓郎氏らによる連載も充実。定価620円。お早めにお求めください。

    当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

     日頃、雑誌『マネーポスト』をご愛読いただきまして誠にありがとうございます。このたび、『マネーポスト』は2017年夏号(2017年6月1日発売号)をもって、当サイトに完全移行・統合することとなりました。
     これまでのご愛顧に心から感謝いたしますとともに、「マネーポストWEB」も同様にお引き立ていただければ幸いです。

    2017年夏号(6月1日発売号)

    大特集は〈ただならぬ大化け株 総力発掘50〉。藤野英人氏が見出した「次世代テーマ株」や、戸松信博氏、藤井英敏氏らが注目する爆騰期待の個別株をランキング形式で紹介。橘玲氏、森永卓郎氏らによる連載も充実。定価620円。お早めにお求めください。

    当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

    小学館雑誌定期購読小学館のプライバシーステートメント問い合わせ広告掲載について

    © Shogakukan Inc. 2017 . All rights reserved. No reproduction or republication without written permission. 掲載の記事・写真・イラスト等のすべてのコンテンツの無断複写・転載を禁じます。