マネーポストWEB「マネーポスト」公式サイト

FiscoNews

【注目トピックス 経済総合】中国:アップルペイ18日始動、初日カード登録は3000万枚

2016年2月19日 13:49

米アップルは18日、中国でモバイル決済サービス「アップルペイ」を開始した。同社のスマートフォン「iPhone」などを使った支払いサービスで、地元決済サービス最大手の中国銀聯(ユニオンペイ)と協力して運営する。登録カード数は初日だけで3000万枚を数えた。現地メディアが19日伝えた。
「アップルペイ」とは、アップルが2014年に開始したモバイル決済サービス。既存のクレジットカードやデビットカードを「iPhone」や「Apple Watch」のアプリに登録し、店舗などで端末をリーダーにかざすだけで支払いが完了するというものだ。オンライン通販でも利用が可能。米国、英国、カナダ、オーストラリアで提供されている。日本ではまだ導入されていない。
米国でのサービス開始時には、3日間でカード登録数が100万枚というペースだった。このため、初日に登録カード3000万枚という中国での状況は、「好調な滑り出し」と受け止められている。18日には、中国建設銀行(939/HK)や中国銀行(3988/HK)などの提携銀行がそれぞれに、登録キャンペーンを実施した。
ただ、中国の電子決済市場では、前述した銀聯のほか、阿里巴巴集団(アリババ・グループ)の「支付宝(アリペイ)」、騰訊HD(テンセント:700/HK)の「財付通(テンペイ)」が市場を独占。モバイル決済では、騰訊の「微信支付(ウィーチャット・ペイメント)」が急速に利用者を伸ばしている。ここに「アップルペイ」がどこまで切り込めるのか、市場の注目を集めている。なお、韓国のサムスン電子も銀聯と協力し、近く「サムスンペイ」を中国に投入予定という。
報道によれば、「アップルペイ」に対応した「iPhone」の中国販売は約7200万台。また、「Apple Watch」の2015年販売台数は1200万台だった。このことから、中国の「アップルペイ」登録数の潜在的な上限は8400万件と試算されている。これに対し、「アリペイ」のアクティブユーザー数は4億人に上るという。

【亜州IR】

<ZN>

fisco
  • 円高? 円安? 先行き不透明な今の円相場で短期的に利益を狙う方法
  • 顧客満足度3年連続1位!餃子が大量にもらえるFX会社?
  • 2017年春号(3月1日発売号)

    大特集は〈平成ラストバブルの号砲〉。戸松信博氏、藤井英敏氏らがこれから大化け期待の個別株をランキング形式で紹介。西堀敬氏によるIPO投資の最新攻略ガイドの他、橘玲氏、森永卓郎氏らによる連載も充実。定価620円。お早めにお求めください。

    当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

    水上紀行ニュースフラッシュ

    2017年春号(3月1日発売号)

    大特集は〈平成ラストバブルの号砲〉。戸松信博氏、藤井英敏氏らがこれから大化け期待の個別株をランキング形式で紹介。西堀敬氏によるIPO投資の最新攻略ガイドの他、橘玲氏、森永卓郎氏らによる連載も充実。定価620円。お早めにお求めください。

    当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

    小学館雑誌定期購読小学館のプライバシーステートメント問い合わせ広告掲載について

    © Shogakukan Inc. 2017 . All rights reserved. No reproduction or republication without written permission. 掲載の記事・写真・イラスト等のすべてのコンテンツの無断複写・転載を禁じます。