マネーポストWEB「マネーポスト」公式サイト

FiscoNews

【注目トピックス 経済総合】一尾仁司の「虎視眈々」:戻りの鈍さを考える

2016年2月19日 18:34

〇来週のG20に関心も、大きな期待は出来ないか

18日の日経平均は高値16337円にとどまり、暴落した2月9日(918円安)の高値16668円に、なかなか届かない展開が続いている。16100円程度がフシ目との見方は変わらず、この水準での根固めをジックリ見極める展開と言えなくもないが、先行き不透明感の強い地合いが続いている。

背景の大きな要因は円安の戻りの鈍さと思われる。フシ目と見られる115円/ドルを奪回できない展開に、株価の頭を押さえられた印象だ。円安基調に戻り難い背景は、ドル調達コストが4年3か月ぶりの高水準にあり、一時米5年物国債投資が逆ザヤになるなど、思ったほど外債投資が伸びない点、次の先進国間金融政策でECBの追加緩和具体策が焦点となっており、(マイナス金利拡大だと欧州系金融機関にシワ寄せが行くなど)ユーロが安値を窺う展開になっている点、日本もGDPがマイナス成長になるなど景況感が厳しく、3月にもマイナス金利拡大が視野に入っていること、米国の追加利上げ観測が大幅に後退していることなど、従来の路線に戻り切れない点などが挙げられる。金融機関のドル円相場見通しは一斉に円高修正され、(年末に向け120円程度に戻すとの見方が多いものの)円高値想定を100~105円と見るところが増えている。

15日開催の経済財政諮問会議で民間議員が「G7での連携強化」を要請し、安倍首相がその意向を表明するなど、協調政策への期待が下支えの要因になっていると思われる。ただ、経済財政諮問会議は事前にペーパーを回し、以前のような経済司令塔的なイメージは後退している。年初からの世界的な波乱に対し、緊急G7開催の話は出て来ず、期待は何処まで続くか。来週の上海G20で協議を行うか、注目されるところだ(元々、G20はG7の決定を浸透させる場と見られている)。

JBIC(国際協力銀行)の渡辺博史総裁は、12月以降の波乱は過剰反応と指摘しつつ、G20での議論課題に、米利上げを巡る不明確な情報発信、中国の場当たり的な対策、オイルマネーの引き上げ観測を挙げた。各国の方向性がバラバラで協調政策は取り難いとしている。

安倍首相の経済ブレーン・本田悦郎内閣官房参与は16日のブルームバーグとのインタビューで、中国のハードランディングに陥る可能性が高い、日銀が来月にも追加緩和を行う可能性がある、消費増税は2年程度延長すべき、3.3兆円補正に続き5兆円程度の経済対策の姿勢を示すべき、などと述べた。

18日はOECD、格付け会社ムーディーズが相次ぎ世界経済見通しを引き下げた。日本経済に関しても、16-17年ともに1%成長を下回る(ムーディーズ)見通しとなかなか厳しい。OECDは為替変動や過剰債務を警告し、財政出動の必要性を訴えた。

G20での議論は、(大きな期待は持てないが)先進国の財政出動が一つの焦点になると考えられる。

以上

出所:一尾仁司のデイリーストラテジーマガジン「虎視眈々」(2/19号)

<FA>

fisco

「マネーポストFX」の注目記事

半年の最大損失が約6万円なのに、取引全自動で稼ぎは50万円以上のFX
取引全自動のFXシストレ 5万円元手に1か月で8万円稼いだ実力
忙しくてもFX自動売買で1000万円儲けたトレーダー
40代投資家 「守り」を意識した売買で5000万円突破
相場観ゼロでもFXで1000万円稼ぐ方法とは
  • 約1年で140万円の儲け 暴れ馬ポンドで稼いだFXシストレ
  • 年間利回り10%以上も可能 海外銘柄で配当投資を始める方法
  • 2017年夏号(6月1日発売号)

    大特集は〈ただならぬ大化け株 総力発掘50〉。藤野英人氏が見出した「次世代テーマ株」や、戸松信博氏、藤井英敏氏らが注目する爆騰期待の個別株をランキング形式で紹介。橘玲氏、森永卓郎氏らによる連載も充実。定価620円。お早めにお求めください。

    当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

     日頃、雑誌『マネーポスト』をご愛読いただきまして誠にありがとうございます。このたび、『マネーポスト』は2017年夏号(2017年6月1日発売号)をもって、当サイトに完全移行・統合することとなりました。
     これまでのご愛顧に心から感謝いたしますとともに、「マネーポストWEB」も同様にお引き立ていただければ幸いです。

    2017年夏号(6月1日発売号)

    大特集は〈ただならぬ大化け株 総力発掘50〉。藤野英人氏が見出した「次世代テーマ株」や、戸松信博氏、藤井英敏氏らが注目する爆騰期待の個別株をランキング形式で紹介。橘玲氏、森永卓郎氏らによる連載も充実。定価620円。お早めにお求めください。

    当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

    小学館雑誌定期購読小学館のプライバシーステートメント問い合わせ広告掲載について

    © Shogakukan Inc. 2017 . All rights reserved. No reproduction or republication without written permission. 掲載の記事・写真・イラスト等のすべてのコンテンツの無断複写・転載を禁じます。