マネーポストWEB「マネーポスト」公式サイト

FiscoNews

【注目トピックス 日本株】【FISCOソーシャルレポーター】個人投資家加賀田浩子氏:今更デスか?

2016年2月23日 12:08

以下は、フィスコソーシャルレポーターの個人投資家加賀田浩子氏が執筆したコメントです。フィスコでは、情報を積極的に発信する個人の方と連携し、より多様な情報を投資家の皆様に向けて発信することに努めております。

----

※2016年2月21日に執筆

「日本株の直近の天井はいつですか?」「6/24の20952円」。もう半年以上経っている、もう6000円も下がっている。それなのに、今更潮目が変わったというのですか?世界経済はこの2週間くらいで減速が顕著になったのですか?15000円という節目を割ったから慌てているのですか?

最近の経済評論家(?)の実務を伴わないコメントが素晴らしく心地よい。所詮、ポジションを持たない人間の言葉は響かない。相場を予想していないし(出来ない)、経済も予想していない(出来ない)、そもそも足元で何が起きているのかさえ分かっていない。では、彼らは何故メディアに出てきているのだろうか。

私は決して今回の大きな下げ局面が海外発だとは思わない。いつも下げるときは見えない仮想敵を作り出し責任転嫁をする。これが日本株の悪いところである。主因は自国内にあるのに。古くは先物悪玉論に始まり裁定買いの解消、ヘッジファンド、etc。。。しかし、今回珍しく「犯人」を見つけたような気がする。もし、2月1日の引けで日経平均のポジションを取ったとする。先日(2/19)までの損益を以下のように分解してみよう。

前日引け⇒翌日寄りの合計=▲1300円
当日寄り⇒当日引けの合計=▲600円

つまり、日中の下げは大したことはないのだが、夜間(米国CME市場)で勝負が決まっている。これだけギャップを空け続ける相場は中々お目にかかれない。因みにOSE先物は夜中3時まで取引をしているが、この間の下げは実は大したことない。では、やはり「米国経済の減速が」なのか?否、NYダウのこの間の下げはトータルで僅か▲57ドル(▲0.35%)である。たったの57ドル。日経平均は2000円近く下げているというのに。これが巷の評論家のいうところの海外発の株価下落である(?)。

さて、CMEで思いっきり先物を売っている誰かさんがいるということは分かった。これは新規ショートなのか、それともロングのアンワインドなのかで解釈が違ってくる。当然、新規のポジションであればいつの日かは買戻しを余儀なくされる。私はそれを楽しみにしている。日経平均先物を取引しようと思ったら、日本時間、大証夜間、そしてCMEの3つの選択肢があるが、一番ボリュームの薄いマーケットでヒトが寝ている間に大きく売らなければいけないというのは、余りお上手なマーケッターではなかろう。また、円高進行を株安の主因にしている声も聞かれるが、円安で輸入コストが上がったからと町工場の悲鳴を伝えていたメディアは、この時こそ円高で頬が緩んでいる経営者を取材すべきだ。

ところで、円高っていつのハナシでしょうか?今更デスか?

豪ドル円:102.83(2014/11/21) ⇒ 80.46(▲21.8%) 1年3ヶ月間円高
ユーロ円:149.76(2014/12/08) ⇒125.30(▲16.3%) 1年2ヶ月間円高
スイス円:152.85(2015/01/15) ⇒113.74(▲25.6%) 1年1ヶ月間円高
ポンド円:195.88(2015/06/24) ⇒160.73(▲17.9%)   8ヶ月間円高
米ドル円:125.84(2015/06/05) ⇒112.56(▲10.6%)   8ヶ月間円高

麦藁帽子は冬に買え!翌年の冬ですか。。。

以上

----

執筆者名:加賀田浩子

<NO>

fisco

「マネーポストFX」の注目記事

半年の最大損失が約6万円なのに、取引全自動で稼ぎは50万円以上のFX
取引全自動のFXシストレ 5万円元手に1か月で8万円稼いだ実力
忙しくてもFX自動売買で1000万円儲けたトレーダー
40代投資家 「守り」を意識した売買で5000万円突破
相場観ゼロでもFXで1000万円稼ぐ方法とは
  • 約1年で140万円の儲け 暴れ馬ポンドで稼いだFXシストレ
  • 年間利回り10%以上も可能 海外銘柄で配当投資を始める方法
  • 2017年夏号(6月1日発売号)

    大特集は〈ただならぬ大化け株 総力発掘50〉。藤野英人氏が見出した「次世代テーマ株」や、戸松信博氏、藤井英敏氏らが注目する爆騰期待の個別株をランキング形式で紹介。橘玲氏、森永卓郎氏らによる連載も充実。定価620円。お早めにお求めください。

    当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

     日頃、雑誌『マネーポスト』をご愛読いただきまして誠にありがとうございます。このたび、『マネーポスト』は2017年夏号(2017年6月1日発売号)をもって、当サイトに完全移行・統合することとなりました。
     これまでのご愛顧に心から感謝いたしますとともに、「マネーポストWEB」も同様にお引き立ていただければ幸いです。

    2017年夏号(6月1日発売号)

    大特集は〈ただならぬ大化け株 総力発掘50〉。藤野英人氏が見出した「次世代テーマ株」や、戸松信博氏、藤井英敏氏らが注目する爆騰期待の個別株をランキング形式で紹介。橘玲氏、森永卓郎氏らによる連載も充実。定価620円。お早めにお求めください。

    当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

    小学館雑誌定期購読小学館のプライバシーステートメント問い合わせ広告掲載について

    © Shogakukan Inc. 2017 . All rights reserved. No reproduction or republication without written permission. 掲載の記事・写真・イラスト等のすべてのコンテンツの無断複写・転載を禁じます。