マネーポストWEB「マネーポスト」公式サイト

FiscoNews

【注目トピックス 経済総合】中国:政府系金融グループ、外資ファンドの「元急落予想」に反論

2016年2月25日 10:13

中国国際金融は24日付のリポートで、人民元に対する外資系ヘッジファンドの弱気見通しに反論した。
ヘイマン・キャピタル創設者のカイル・バス氏は先に、人民元が3割下落するとの見方を示したが、これに対し中国国際金融は、「中国の銀行が危機に面していることはなく、人民元が大幅に下落することはない」としている。
その根拠の一つは、中国は充分な外貨準備を擁すること。「中国の外貨準備データには現在、ソブリンファンドや政策銀行、国際金融機関が注入した資産は含まれておらず、仮にこれらの資産を踏まえると、外貨準備高は足元の3兆6000億米ドルから4兆5000億米ドルに膨れ上がる」との試算を示した。
また、バス氏が1990年代の日本と比較したことに対し、「現在の中国と90年代の日本とを単純に比較ができない」と指摘。現在の中国は当時の日本と違い、需要と生産力に依然として大きな成長余地があるためと説明した。また、都市化率も56.1%で、当時の日本の77.3%を大幅に下回っているほか、1人当たりGDPも7847米ドルで、当時の日本の2万7144米ドルに比べて極めて小さく、「工業の生産能力は過剰だが、重要な商品やサービスはなお供給が不足している」と解説している。
このほか、中国のレバレッジ率も90年代の日本を大幅に下回っていると紹介。「現在の中国と当時の日本は、高いレバレッジ周期後のデレバレッジの周期にあるという点では似通っている部分があるものの、現在の中国GDPに占める債務比率は300%以下で、当時の日本を下回っている」と強調した。
さらに、中国の債務比率が極めて高くなってるのは、資金調達で銀行借り入れが主導的地位を占めているためと説明。「株式や債券市場を通じた資金調達が多い他国と比較して、レバレッジが過度に高いと単純に判断できない」とし、債務は「依然として合理的でコントロール可能な範囲内にある」と力説した。
銀行の質も、98年や2002年に比べて良好と分析。その根拠として、◆現在の帳簿上の不良債権比率は約2%(当時は25%)、◆実際の不良債権のGDPに占める比率は約5~10%(当時は40%)、◆預金準備率は17.5%(当時は13%)——などの指標を挙げている。
こうした点を踏まえたうえで、「中国の膨大な純備蓄規模、他の主要国が低金利またはマイナス金利の環境にあることなどを考慮すると、人民元が30%以上下落する余地はない」と明言した。

【亜州IR】

<ZN>

fisco
  • 円高? 円安? 先行き不透明な今の円相場で短期的に利益を狙う方法
  • 顧客満足度3年連続1位!餃子が大量にもらえるFX会社?
  • 2017年春号(3月1日発売号)

    大特集は〈平成ラストバブルの号砲〉。戸松信博氏、藤井英敏氏らがこれから大化け期待の個別株をランキング形式で紹介。西堀敬氏によるIPO投資の最新攻略ガイドの他、橘玲氏、森永卓郎氏らによる連載も充実。定価620円。お早めにお求めください。

    当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

    水上紀行ニュースフラッシュ

    2017年春号(3月1日発売号)

    大特集は〈平成ラストバブルの号砲〉。戸松信博氏、藤井英敏氏らがこれから大化け期待の個別株をランキング形式で紹介。西堀敬氏によるIPO投資の最新攻略ガイドの他、橘玲氏、森永卓郎氏らによる連載も充実。定価620円。お早めにお求めください。

    当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

    小学館雑誌定期購読小学館のプライバシーステートメント問い合わせ広告掲載について

    © Shogakukan Inc. 2017 . All rights reserved. No reproduction or republication without written permission. 掲載の記事・写真・イラスト等のすべてのコンテンツの無断複写・転載を禁じます。